ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
My Space
TODAY'S MOON
CURRENT MOON
カウンター
SARA
閲覧者
閲覧者 ? 人
SPONSORED LINKS

Fly Me To The Moon

虹夢 Part2
沙羅の大好きな人たちとの覚え書き♪ HYDEサンとかラルクとかDollとか☆
(画像の持ち帰りはご遠慮ください)
VAMPS LIVE X UNDERWORLD @名古屋 7/12 (4日目)

 

2017.07.12(Wed)

VAMPS LIVE XVII -UNDERWORLD-

VAMPS

@ZEPP NAGOYA

Open 18:00  Start 19:06

 

 

名古屋もはや4日目にして最終日。。

速いねー。。。 あっというまの4日間。

 

この日は、名古屋で初めて午後、雨の予報が。。

3日間、降らずに暑かったからねぃ。

この日は800番台前半。

そしてやっぱりアタシの居場所は下手2柵目。。

 

今日もモッシュピットは男子が暴れていて

土下バンもやったし

結構な汗だくで楽しいLiveでした。

ダイバーはやはり1柵目にしかたたなくて

その後のHYDEサンのBlogへのコメントでも

”ダイバーサンがありがとう、って言いながら

転がっていった”とか

”ちゃんと靴を脱いでダイブしていた”とか

マナーも改善されてるみたいです。

 

2柵目にいると、

あまりそういいうやりとりは聞こえないけどね。

それにしても

最終日は、1柵目に入れるわ入れるわ。

めっちゃ入れて何度かぎゅーって圧縮されて。

やっぱり、ダイブ対策なのかな?

思ったけど

むしろぎゅーぎゅー詰めだと

手さえ自由に上がらないから

ダイバーを送るなんて難しいんだよね。

あと、

ロットンみたいに

最前列でダイバーを受け止めるスタッフが

もっとマッチョじゃないと。。

とは思いました。。

 

それから

最終日は下手の2柵目後方に

カメラ設置されてました。

 

収録かな。

大阪でも最終日あったみたいね。

東京もなのかな??

 

 

さて。

いつもの

”又、来るからな。

首洗って待ってろよ!”

のセリフを置いて

4日目 終了。

 

はー。

暫く逢えない。。寂しいな。

8月のビスパまでお預け。。

 

そう思いつつ外へ出たら

なーんと、大雨!!!(=゚ω゚)ノ

 

スタッフは、

入り口で立ち止まるな、

外へでろ、ってうるさいんだけど

やっぱり躊躇しますわよね。

傘ないし ブハ・・・

 

軒先で雨宿りしてても

やみそうに思えないし

汗だくで暑かったし

雨に濡れるのはいとわなかったし。。

で、

マフラータオルと頭にノッケて

駐車場まで歩くことに。

でも、すごーい雨で10分ほど歩いたとこで

コンビニに避難。

傘を買って、駐車場までの道すがら

大きな水たまりがいくつもできていて

すっかり靴の中まで水浸し。。

 

車に着替えを入れてたので

さささっと着替えて

(もぅ、下着までびしょ濡れだよー)

帰りの道では

途中大きな道路も浸水があったようで

のろのろ運転。。

まるで湖のように水がちゃぷちゃぷ。

何年か前の、コシまで使ったあの大雨の

トラウマが蘇る。。。( ゚Д゚)

 

あとでTVのニュースでわかったけど

近くの病院では、地下に水が浸水して

救急業務ができなかったんだって。

そんな局地的なゲリラ豪雨だったのでした。

 

そして

アタシは、その後夏風邪をひいてしまい。。

2日ほど、声が出なくなりーの

現在は咳が全く治らないーの

薬は5日分、飲みきったーの

そんな感じで情けないこと。。。(´;ω;`)ウッ…

ビスパまでに治さないとね!

 

 

◆以下セトリ

 

01.MIDNIGHT CELEBRATION

02.INSIDE OF ME

03.EVIL

04.SIN IN JUSTICE

05.BREAK FREE

06.DON'T HOLD BACK

07.BLEED FOR ME

08.IN THIS HELL
09.CALLING
10.Bloodsuckers
11.UNDERWORDL
12.RISE OR DIE
13.AHEAD
14.DEVIL SIDE
15.B.Y.O.B
-en-
16.LOVE ADDICT
17.SWEET DREAMS
18.RISE UP
19.SEX BLOOD ROCK' N ROLL
大雨の翌日。。
晴天。
次に着るのは @沖縄だね〜★

 

 

| L'Arc & HYDE | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
VAMPS LIVE X UNDERWORLD @名古屋 7/11 (3日目)

 

2017.07.11(Tue)

VAMPS LIVE XVII -UNDERWORLD-

VAMPS

@ZEPP NAGOYA

Open 18:00  Start 19:06

 

名古屋3日目。

もう折り返しかと思うと寂しいねー。

そしてあっという間。

 

仕事帰りにお着替えして参戦♪

整理番号600番台前半で

気合はいります♪

 

前日のHYDEサンのBlog の影響か

今日もダイバーは1柵目の後方からしか

たたなかった。

しかも少人数です。

この日もHYDEサンは、いつも以上に

ダイブのとき、会場を見守ってたような感じ。

モッシュは相変わらずドーン!って感じでしたが

ミッセレの時は、2日目に続き

2柵目で輪になって土下バン。楽しかったー☆

あのあとのわちゃわちゃ感がいいのですw

 

3日目ともなると

すっかり体中に音が沁みわたっていて

共鳴する感じでステージの音が

ばんばん伝わってくる感度もよくなっている。

(*´▽`*)

 

アンコまでの時間も

ホントにタイトですね。いつもながら。

することして

さく〜〜〜と終わる。

気づけば、2時間たってないというw

2日目もそうだったね。

会場出たら18時40分だった! 

今までで最速時刻w

今日は、19時06分始まりだから

2時間遅くて、

終了は20時45分くらいでした。

はぁ。怒涛のLIVE

疾走感。 

3日目もあっという間に終わるのです。

 

んで

ダイブ、モッシュのこと。。。

3日目の会場前

たまたまあたしの傍にいたグループが

東京での事故について話してて。

4日目に警察が来る事態になったんだってね。

ライヴ中の危機管理について。

主催者側がとても怒られたって。。。

それから、

東京では、上手側にもダイバーがたったり

モッシュがあったりと、

今までのマイナールールが成立してなかったらしくて。

 

東京5、6日目は

ダイブ、モッシュ禁止!のお達しがあったとか。

なるほどー。。そういう経緯があったのは

こちらではなかなか伝わってこないもん。。。

というか、アタシ、ツィート追っかけるの苦手^^;

そのグループも、

ダイヴ、モッシュについて色々意見を話あってました。

 

「HYDEにあんなこと言わせちゃいかん」

 

そーいう意見もあるでしょぅ。

でも。。。

でもでも。。。

アタシは、、、

 

もっと、Live中に危険行為について

啓蒙してほしいと思う。

だって

HYDEサンの言うことなら

みんな、ちゃーんと聴く、

おりこうさんばかりだから。

 

言わずとも自然に会場に

ルールが出来上がるのが理想かもしれないけど

乱れてきたら

やっぱり、危険行為については

HYDEサンの口から、その都度その都度

きっちり発言してくれたらいいのに。

実際、そーいうバンドもありますね。

やさしさから出る言葉は

会場にも伝わって

会場みんなも優しい想いで

周りを考えることができるのではないでしょうか。

 

ファンが入れ替わることもあるし

新しいファンほど、

そういうことわからないでしょうから

何度でもその都度、言ってくれたら。。

 

甘えていますかね。。

でも

みんな、HYDEサンの言葉から

考えることが広がっていく。

今回みたいに。。

そう思うんですよね。個人的には。

 

以前HYDEサン言ってましたよね。

やんちゃなファンでも

僕にとってはみんなカワイイ。

そういう想いに

みんなが応えられるように

ファンの雰囲気も

今以上に良くしていけたらいいね。

 

 

セトリは

久しぶりにPIANO DUET 聴けた。

そして

久しぶりにHYDEサンの日本語(笑)

気づけば、今アルバム、英語オンリーだよね。w

そして、

今のセトリだと

マフラータオル必要ないww

 

 

 

◆セトリ(覚え書き)

01.UNDERWORLD

02.INSIDE OF ME

03.REDRUM

04.EVIL

05.BREAK FREE

06.DON'T HOLD BACK

07.BLEED FOR ME

08.IN THIS HELL
09.CALLING
10.Bloodsuckers
11.Lips
12.RISE OR DIE
13.AHEAD
14.RISE UP
15.MIDNIGHT CELEBRATION
-en-
16.THE JOLLY ROGER
17.PIANO DUET
18.B.Y.O.B.
19.SEX BLOOD ROCK' N ROLL
| L'Arc & HYDE | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
VAMPS LIVE X UNDERWORLD @名古屋 7/9

2017.07.09(Sun)

VAMPS LIVE XVII -UNDERWORLD-

VAMPS

@ZEPP NAGOYA

Open 16:00  Start 17:06

 

 

 

Zepp Nagoya 2日目!

この日もまずまず暑かったねー。。

名古屋公演は、翌々日の火曜日を除き SOLDOUT !

この日は日曜日だし

さらに熱い♪

 

整番は、相方の雫ちゃんのチケで600番台。

このくらいの番号だと、2柵目もまだまだ2列目が空いてたり。

1柵目もスペースあり。

アタシたちは2柵目にて参戦。

 

◆今日も男子率高い。

 曲ごとの大合唱で男子の声ハンパないw

 

◆DOLLY キターーーー♪ 

 やっぱりこの曲はライヴで聴くと盛り上がる

 

◆今日のセトリは良かった♪

 初日よりずっと好み。

 、、って、アタシの傍の男子も

 「今日のセトリいいなぁ。

  やっとすっきりしたわ!」と

 言ってる声が聞こえた★

 そうだよねw ってアタシもココロでうなづいた(笑)

 

◆HYDEサン MC

「ブログに書いたけど

 モッシュやダイブのこと。

 ちゃんと読んどいて。

 俺らなら、できるよな?

 もっと進化できるよな?」

 

的なお言葉。正確ではないけど^^;

でも、アタシは、ブログチェックしてなくて

「え???」って一瞬( ゚Д゚) ポカーン

 

でも、何かがあったことは確かで。

(この時点ではアタシはそれをまだ知らなかったんで)

会場を見渡すHYDEさんは

ダイブしてるとことか、ちょっと見守るように

心配そうに見てくれてるように見えたなぁ。。

 

HYDEサンがモッシュ、ダイブについて触れるなんて・・

ちょっと嫌な予感。。

そのせいだったのかな。

初日のダイバーは例年より少ないなと思った。

しかも、たつのは1柵目の後ろからだけ。(下手のね)

 

ただ、1度だけ

アタシたちがいる2柵目の前方あたりから

男性が、突然女性を1柵目めがけて

投げ込んだ(という描写しか思いつかないくらい唐突)ことがあって。

アタシ、ドン引き。

「え? ここで? このタイミングで?」

リフトもなく、いきなり前方へ投げ込みって。。( ゚Д゚)

とても危ない行為です。辞めてほしい。

 

で。

あと、ダイブ前のリフト(肩車)について。

うーん。これはね、

盛り上がる場面で、いきなりリフトの人で

前方に壁ができるわけで、

その後ダイブせずに、リフトだけやってる人

(今回は4日間とも同じカップルだった)

なんかなー。ちょっと腹立つ。

しかも前方の真ん中あたりね。

持ち上げる人は中年太りのおじさん。。

リフトされるのは、細身の若い子。

この2人組はねー

ちょっとうざいわ。

この人たちばかりじゃないと思うけど

リフトするんなら

最後列でやれ!って感じです。

 

そんな感じで、

人の想いや感じ方もそれぞれだと思う。

家に帰ってからさっそくブログを読んで

さらに考えてしまった。。

 

色んな意見がある。

感じ方も人それぞれ。

 

HYDEサンが

モッシュやダイブ好きなことは

前から知ってたよ。嬉しそうだもん。

でもね、

だから、

HYDEサンの言葉で、反対派は意味の受け取り方では

ショックを受けた人もたくさん。

そういうコメントもたくんさんあった。

整理番号早いのに

もっと前でHYDEサンみたいのに

ダイブやモッシュが危険できついなら

後へ下がったり、その場を避けて。。って

それは、反対派の気持ちを暗くさせるものかも。。

でも

整理番号って、入場する順番だけを定めているもので

整理番号がいい=前で観る って構図は

定めてないよね。

いくら整理番号がよくても、後方で観るひとだっている。

アタシも、

A9のライヴでは、二けたの整理番号でも

後方で観るもん。

まぁ、そーいうのが、今までの

どのライヴでもある、暗黙のマイナールールというか

好きな場所、落ち着いて参加できる場所っていうのが

人それぞれあるわけで。。

でもHYDEサンがHYDEサンである限り

もっと前で!近くでHYDEサンを観たい!ってファンもいるわけで。。

(アタシは、そーいう感じではないの)

乗れやすい場所、動ける場所が好き

だから、あまり1柵目にはいかない。

ギュウギュウ詰めで、手さえ自由に挙げたり下ろしたりできない。

そこへ、後方からダイブされたら、支えられないよ。

手も自由にならないんだもん

詰め込めば詰め込むほど、無理だよね。

アタシも何度か頭を蹴られたり、コンタクトはずれちゃったことも

ある。。。

激しい場だから、

せめてダイバーは堅い靴はやめてほしい。

モッシュは、、、 モッシュピットはだいたい決まってきてるので

その場所でモッシュ好きが楽しむのはいいのでは・・?と思う。

スタンディングのライヴだもの。

棒たちで、顔ばかり見てる人が前方に集結してたら

ライヴしてるメンバーさん、萎えるよなぁ。。って思うしね。

ただ、

今回のモッシュピットは、男子が増えたせいと

モッシュ初心者が多かったのとで

結構荒っぽい、マナー悪い人が目立ってたと思う。

体格がいい男子が、自分の体幹も支えずに

あっちこっちに体当たりしてるのはモッシュとは言えないと思うんだよね。

自分の体は、自分で責任もって支えろよ!っていうのがアタシの言い分。

そういう人同志がぶつかりあっても、さほどダメージがなくて

周りの人にも迷惑かけない。

そういえば。。今回はモッシュの壁になってくれる人いなかったなぁ。。

そういうのも、回りに嫌がられる理由かもね。

翌、3日目のライヴで

アタシは、モッシュピットの際にいて

参加してなかったときに、体当たり男子に

ドーン!と激しく突き飛ばされ、

玉突き事故のように隣にいた女子にぶつかってしまって。

そしたら、その女子が、アタシに憎悪の顔を向け

思いっきり両手で再び突き飛ばされた。。。( ゚Д゚)

あかん。

なんか間違ってるわ。( ;∀;) 

そんな残念なモッシュピットなのでした。。。 

 

そして話題は戻りますが。。

このダイブ、モッシュの賛否両論は

折り合うところがないと思います。

嫌いな人は、どこまでいっても嫌い。

でも、

ダイブする人って、

ひとつの会場に10人いたら多いほう。

VAMPSのライヴでは。

ってことは、

ほんの数パーセントなのよね。する人は。

おなじ顔ぶれで

何度も何度も、前へ行ったら、

1柵目に押し入って再びダイヴ。。

そーいう構図がよくないのかな。

一度ダイブしたら、

その曲では1柵目には再び入れないことにするとか

細かい制限があってもよいのかも。

ダイブをしない人にとっては

ダイブする人のためにそこに存在してるわけではない。

ダイブやリフトしてる人が楽しく目立っているとき

下で辛い思いをしたいわけではない。

HYDEサンが、

前へ送ってあげて、っていうから

これからは、いやだけどそうします。

なんて。。そんなふうにコメントするファンがいて、、

どうなんだろう。。

意見の中には

モッシュゾーンを作ったり、棲み分けが必要と

書いてる人もいた。

もしかいたら、

ダイヴする人たちは、もうホントに端の方でいいのかもしれない。

 

車いすでもクラウドサーフィンできるバンドもありますが。

COLDPLAY みたいに。。

でも、あれは曲間で、みんながそこへ意識を集中して

ステージまで運ぼう!って気持ちがひとつになったから

できたことなのでは。

VAMPS は違うでしょう。。

曲でノリノリしてるときに

後から転がってきても、気づかなかったり、

危ないこともある。。。

 

でもひとつ言えること。

 

スタンディングライヴでは

「自分で自分の身を守る」

 

これに尽きると思います。

 

危険度もわからぬまま

無防備に前方へ出てくることが

事故に繋がるのだと思う。

酷な言い方ですかね。。。

でも、 

自分を守るのは自分しかいないんだから。

 

 

そして

ダイバーは、

下にいる人に感謝の気持ちをもって

最低限マナーは守ってダイブする。

 

このライブが終わったとき

HYDEサンは、

どう判断するのでしょう。。。

 

 

名古屋3日目。

会場前に

たまたま傍にいたグループの立ち話で

東京での事故の話を耳にしたのでした。。

 

それはまた3日目の記事で。。。(´;ω;`)ウッ…

 

ってわけで

ライヴレポ覚え書きより

別の記事になってしまった感がある2日目記事。

ライヴ自体は素晴らしく

HYDEサンの声も素晴らしく

なんだかもう

メタルな世界にどっぷりと浸って

心地よく溺れた2日目なのでしたw

 

 

 

 

 

 

◆以下セットリスト

 

01.UNDERWORLD

02.INSIDE OF ME

03.DON'T HOLD BACK
04.EVIL
05.BREAK FREE
06.DOLLY
07.BLEED FOR ME
08.IN THIS HELL
09.CALLING
10.Bloodsuckers
11.DEVIL SIDE
12.RISE OR DIE
13.AHEAD
14.B.Y.O.B.
15.MIDNIGHTCELEVRATION
-en-
16.THE JOLLY ROGER
17.VAMPIRE'S LOVE
18.RISE UP
19.SEX BLOOD ROCK'NROLL

2日目にして、気づく。。。(゚Д゚;)

なんだこれw

HYDEサンのGOODS に

ベースボールなデザインの上下セット&キャップとか

リスバン!

「81℃」ってwwww

 

リスバンは気づいたときにはすでに完売。。チーン。

81℃は暑すぎでしょ(爆)

それにしても、

画像のモデルさん、ナニコレ、

V系ですか?(゚Д゚;)

こーいうとこ目指してるの? そうなの?(゚Д゚;)

 

 

 

 

そんなアタシが買ったGOODS は。。

日替わりのブレスレット(黒)

黒地のTシャツ

マーブルチョコレイトの缶

白地の布バッグ

 

あと。。

通販の方でスマホケースとか

いろちのバッグ&Tシャツとかもお買い上げしてるんで

そろそろ届くかな。

 

ドーベルマンかわいいね^−^

我が家には

ハリーの前は、2代続いて

ドーベルマン飼っていました。

ホント、かわいいんです。

賢くて。

 

 

| L'Arc & HYDE | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
VAMPS LIVE X UNDERWORLD @名古屋 7.8

 

2017.07.08(Sat)

VAMPS LIVE XVII -UNDERWORLD-

VAMPS

@ZEPP NAGOYA

Open 16:00  Start 17:06

 

とうとうこの日がやってきました!

アメリカツアーから帰国後、

東京6Days に続いて @名古屋 4Days !!

 

もうね、ワクワク感が止まりませんでした。

土曜日初日♪

土日は、雫ちゃんと一緒に参戦(*´▽`*)

 

名古屋はまさに1年ぶり。

1年かー 

1年って早いなぁ。。

 

今年のツアトラ、

HYDEサン見たとき、

思わず 

 

マンソンか!?!?!?とか思っちゃったのは内緒w(爆)

 

 

◆開場

この日の整理番号は、1200番台。

4日の間では一番遅め。

1、2柵は結構埋まっていて、

アタシたちはまだ空いていた3柵目に。

 

BGMがメタルなのねん。

パワフルなインダストリアルなメタル。

 

◆ステージ

SEが鳴り響き、幕が開くと・・・

ステージ後方いっぱいに、

ドーム型の天井の荒廃した教会が。

よく見ると、天井についている十字架が

リアルに立体的。

照明の加減で、教会全体は薄暗くて、、

でも教会の形も立体。

そしてプロジェクションマッピング?!?

で、細部までリアルに映し出されています。

 

シンプルだけど、圧倒的な存在感の背景です。

教会の窓からはあちこち炎が上がっていて

教会の回りには、斜めになったいくつもの電柱。

それがまるで背の高い十字架にも見える。

傍にある煙突からはもうもうと黒い煙。

空はどす黒く、流れる雲も黒い。。

そんな一瞬でアンダーワールドに引き込まれますw

 

◆SEは、アルバム通りですね。 

アーリー、JINサン、ju-KENサン、K.A.Zサン、

そしてHYDEサン登場!!!

HYDEサンの衣装は、

フードつきのトップスに黒パンツ。

両手に黒い手袋。

髪は、キンキンのプラチナブロンドw

そして眉は・・ほぼない感じでw

 

◆曲目など。(沙羅的感想)

 

んにゃww

すでに1曲目から

「出来上がってる」と肌で感じた。

曲は当たり前ですけど

会場が!

HYDEサンの歌に合わせて一緒に歌ったり

自然に体が動いたりして

新アルバムツアーとは思えないことにまず驚き。

東京からのファンが遠征していることは間違いなくて

そのパワーごと引き連れて

HYDEサンたちは名古屋にやってきた感じ。

いつもは、アルバムが出ると

「まだ、なじまないね」的な

初めましてな緊張感とか、ノリがわからなくて

ちょっと戸惑ったりする空気感があるんだけど

今回はそれがないことに、まず驚きだったのです。

 

そして、男子率が確実にUPしてる。

すごいなぁ。

 

HYDEサンの歌声は

どこまでも力強くて艶があり、

低音がスバラシイ。

それは、このアルバム曲の”UNDERWORLD"に

ふさわしく、

ドラム、ベース、ギター

どれもが、今までのVAMPS の音色とは

明らかに違っていて

アルバムを聴き倒していたアタシも

LIVEな音に包まれて、嬉しい鳥肌が立つほど。

そして改めて気づいた。

これは・・・

 

メタルですね。

 

インダストリアルな香りのメタルに

シフトしてるのねん。

(・・・って

今更、気づくなんて遅すぎですね×。×)

 

このジャンルには

MARILYN MANSON や

NINE INCH NAILS

ORZY

MOTIONLESS IN WHITE

INTHIS MOMENT

 

もろもろ

考えてみたら

沙羅的に琴線に触れるバンドばかり@@

 

そりゃ、男子ファンも増えるはず!

 

ドラムの低音がビシバシ!と

正確なリズムを刻み

エモーショナルというよりは

機械的な美しさ。。

 

 

こんなにインパクトがあるドラムなのに

なぜかアーリーの存在感は

とても薄いのでした。

なんでだろ?

 

 

Dr.が、スティックでカンカンカン!と

リズムをリードしていくのではなく

曲の出だしは、SEや

プログラミングされた音が多くて

生音じゃないから?

打ち込みの音だから。

 

曲間も、

次々に音が繰り出され、

曲が進行していく感じ。

それ故、タイトな曲繋がりで

聴いていて心地いい。

 

HYDEサンのパフォーマンスも

最初は黒いフードを被っていて

次に、フードをとり

次に、メタルな軍帽を被り

次に、軍帽を脱いで

 

と、曲繋がりで見せ方を整然と変えていく。

これは、4日間通して変わることはなく

おなじパフォーマンスで

計算された”見せ場”なのだなと思った。

 

◆アルバムについて

今回のアルバム曲は、

これまでのVAMPS 風味から味付けが変わり

去年シングルで発表された

INSIDE OF ME 
feat. Chris Motionless of Motionless In White
から始まった海外プロデューサーづきの曲作りが
めいっぱい詰まったアルバムなわけで
感傷的な甘くて切ないHYDEサンのファルセットは
一切なくて
重低音に溶け込むようなシャウトだったり
低音ボイスに磨きがかかってる。
LIVEで改めて理解したけど
このアルバムは、ミドルテンポでビシバシ!と
骨に響く心地よさがある。その重さがよいのだ。
タイトだけど、粘りつくような心地よさ。
どの曲も、会場が一緒にハモれる部分があり
声を張り上げ、みんなで歌う一体感がある。
そーかぁ。 こういう音楽
今までVAMPS にあったはあったけど
男子の太い声で合唱は、あまりに合わなかったなぁ。。
その点、UNDERworld は、男性の低音が
響く響く。w
なんか変わったね〜。VAMPS .
とてもいい感じ^^
そんな中でも、
BREAK FREE ”と
BLEED FOR ME”が
めっちゃカッコイイ!!!!!!
アルバム聴いてただけだと
全然気づかなかったw
ライヴでこそ思い知らされた衝撃だったなぁ。
BLEED FOR ME なんて
マンソンの、Sweet dreamsを彷彿とさせる
抗えない魅惑な曲ですねぃ。
BREAK FREE は
かけあいがスゴク楽しい!
ミドルテンポの叫びというか。
たまりませぬ。
はぁ
そんな素敵な発見がたくさんあった
UNDERWORLD なのでした。
◆モッシュとかダイブとか
1日目、、
ダイバーは少なかったなぁ。
1柵目に少しだけたってた感。
その理由は次の日になって
わかるのですが。
それはまた別の記事で。
以下セトリ 覚え書き
01.UNDERWORLD
02.IN SIDE OF ME
03.REDRUM
04.EVIL
05.BREAK FREE
06.DON'T HOLD BACK
07.BLEED FOR ME
08.IN THIS HILL
09.CALLING
10.Bloodsuckers
11.Lips
12.RISE OR DIE
13.AHEAD
14.RISE UP
15.B.Y.O.B.
-en-
16.SIN IN JUStICE
17.EVANESCENT
18.DEVIL SIDE
19.SEX BLOOD ROCK'N ROLL

 

 

 

| L'Arc & HYDE | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
THE GREAT ROCK’N’ROLL SEKIGAHARA2017

2017.04.15(Sat)

THE GREAT ROCK’N’ROLL SEKIGAHARA2017

出演バンド

氣志團 / VAMPS / 岡崎体育 / グループ魂 / SPYAIR /

モーニング娘。OG / ASH DA HERO / OKAMOTO’S /

sads / DIR EN GREY / MY FIRST STORY / J王蜂

@幕張メッセ9〜11

Open: 9:00  Start : 10:30

 

 

 

 

氣志團×VAMPS

対戦型のフェス。

覚え書き的に書き連ねます。

セトリは拾ってきたので

曲名、曲順など不確かなところもありますがw

 

■氣志團

定番曲のフリがとっても楽しかった^^

初日のしょっぱなからの氣志團出演。

氣志團軍ならラスボス的な位置づけなのに

朝早くから1番での参加。

おもてなしの雰囲気が伝わりますね。

  1. 喧嘩上等
  2. 日本人
  3. One Night Carnival

■ASH DA HERO

VAMPARKFES 側の1番目。

去年夏のビスパでちっちゃなステージで

アコラしてたときぶり。

ちゃんとしたロックを聴くのは初めて。

なかなか人気出てきてますね。

タオル持った人や後ろの方の人も

一緒にリズムとって楽しそうだった。

 

 

■岡崎体育

初めて。打ち込み系の音楽で

ピンでパフォーマンスしてる人。

歌詞が面白くて

思わず笑っちゃう。

楽しい時間だった^^

  1. Explain
  2. Natural Lips
  3. FRIENDS

 

■MY FIRST STORY

VO.サン、声高いねー

今は飛ぶ鳥を落とす勢いの

ワンオクの、TAKAサンの弟のバンド。

若々しいROCKでしたん。

最後の曲で、会場にダイブ?したのかな。

ナウシカならぬ、HYしかならぬ

手の波の中にたって歌う姿は

なかなかかっこよかった。

VAMPS ライヴにも出演したことあるよね。

午後からはまたライヴがあるんだって。

忙しいw

  1. ALONE
  2. Smash Out!!
  3. The Puzzle
  4. 失踪FLAME
  5. モノクロエフェクター
  6. 不可逆リプレイス

 

■SPYAIR

会場にもロゴ入りのTシャツ着てる人

多かったなあ。

人気のバンドなのねん。

  1. OVERLOAD
  2. 現状ディストラクション
  3. ファイアスターター
  4. WENDY 〜It’s You〜
  5. Be with
  6. イマジネーション
  7. RAGE OF DUST
  8. サムライハート (Some Like It Hot!!)

■OKAMOTO'S

聴いてるうちにジワジワ

乗せられちゃうバンド。

1曲目、どう聴いても

オクモンのBraianみたいで。

個性強いフレーズだからね

ベースが浜ちゃんの息子さん。

フツーにベースうまい。

VAMPSとの接点は

ロンドン?か欧州のライヴで

一緒になったことがあるんだって。

  1. BROTHER
  2. NEKO
  3. うまくやれ
  4. Dance With You
  5. Beautiful Days

■J王蜂

LUNASEA のベースJサンと

女王蜂の合体バンド。

女王蜂のVo.も

かなりの個性派ですね。

あとでYou tubeで色々聴いたら

なかなかアクの強い曲が多い。

  1. GOD SPEED YOU!(氣志團)
  2. Feel Your Blaze(J)
  3. 金星(女王蜂)
  4. ヴィーナス(女王蜂)
  5. デスコ(女王蜂)
  6. TONIGHT(LUNA SEA)

 

■ DIR EN GREY

G.サン、さらっさらの長髪で

送風機で常に髪がなびいていて

それが妙になんかなんか。。(゚Д゚;)

出だしから映像使っての演出とか

ちょっと去年の、スリップノットを

思い出してしまったw

雰囲気作りがうまいバンドですね。

でも楽曲は沙羅的にはひっかからない。。。

難しすぎてダメw

 

  1. G.D.S
  2. Revelation of mankind
  3. 詩踏み
  4. SUSTAIN THE UNTRUTH
  5. 空谷の跫音
  6. THE FINAL
  7. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
  8. Un deux

 

■グループ魂

氣志團の綾小路サン曰はく

VAMPS ファンの人は

こういうフェスでなければ

一生接点がないであろうバンド

とかw

 

大人の悪ふざけバンド的な?w

阿部サダヲサンもイケイケですねw

アタシ、結構役者の阿部さん好きなのだけど

イメージかわりますねーww

マイクには

ビックならぬ、スリッパがつけてあって

MCしたり歌ったりしながら

パンパン投げるw

VAMSP ステージの方にも

時々投げてくるww

 

楽しかった〜^^

  1. モテる努力をしないでモテたい節
  2. チャーのフェンダー
  3. better High School
  4. ペニス better JAPAN
  5. 職務質問
  6. 君にジュースを買ってあげるbetter
  7. 高田文夫

■VAMPS

いよいよトリは我がVAMPS

今回は、間もなく発売される

新アルバムからも初披露曲があって。

 

なんていうか、、

UNDERWOLD って感じですね。

まさに。

MCの声もデスボっぽくて

音楽もガリガリと荒っぽく。

アメリカーんな感じ。

K.A.Zサンの音って

本来、もっと浮遊感があるんだけど

そういう音は全然聞えなかった。

太くてダークな音楽です。。

切なさとか全然なくて

むしろ痛い。

ダイレクトに。

 

以前のHYDEサンは

ジャパニーズロックって言ってたけど

今は米国のプロデューサーがついて

どんどんみんなで曲を仕上げてく形になって

曲調が変わった。

 

アタシは

以前のVAMPSが懐かしいなぁ。

これから、

5月からのアメリカツアーの予行演習みたいな

FC限定ライヴ2デイズやって。。。

そしてアメリカへ。

どんなライヴになって

どんな進化をして戻ってきてくれるのかなぁ。。。

 

だってね。

今回だって大きな会場にはふさわしい定番の

"Angel trip" もやらなくって。

はー

どこへ行っちゃうの。HYDEサン。。

日本のライヴ、、楽しめるかなあ。。

新しいアルバムを聴くのも

ちょっと怖い、、気がする。。

 

 

  1. INSIDE OF ME
  2. LIPS
  3. DEVIL SIDE
  4. CALLING
  5. ENJOY THE SILENCE
  6. UNDERWORLD
  7. AHEAD
  8. RISE OR DIE
  9. SEX BLOOD ROCK’N ROLL

 

■氣志團

最後に再度、氣志團登場。

みんなで1曲大合唱。

楽しかった〜^^

 

 1.One Night Carnival

 

 

★★★

以上

対戦型っていう画期的な対戦フェス

楽しかったです。

また続編?やってほしい。

 

色んな初めましてバンドの演奏が聴けて

刺激になるし

結構狭い音楽嗜好の幅が

ちょっとだけ広がる。

そんなフェスが大好きです。

体力勝負だけどねっ。

(;'∀')

 

 

 

SADS と VAMPS の旗

 

吸血カフェ ヴァンパイ屋 

 

 

骸骨ビーフストロガノフ♪

結構リアルにグロい(笑)

サングリア美味しかった★

 

ラムコークもあったけど。

飾られたボトルも素敵★

 

 

 

夢のあと。。。

 

 

楽しかった^^

 

 

 

 

 

| L'Arc & HYDE | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
25Th ラニバ @東京ドーム2日目(ライビュ)

2017.04.09(Sun)

L’Arc〜en〜Ciel 25th L’Anniversary

L’Arc〜en〜Ciel

@東京ドーム

Open 15:00  Start 17:00

 

ライブビューイング 

@渋谷 TOHOシネマズ

 

 

ラニバ2日目はライビュ。

開演まで、中目黒の桜を見たりして

ゆっくり過ごし、いざライビュへ

アタシの席は下手後方の端の方だったけど

おかげでゆったり観れた気がする。

前日同様1曲目は”虹”で

やっぱり心が震えて涙が溢れる。。

 

隣席の叔母様が遅れてきたうえに

妙なノリではあったけど

周りの雰囲気もよくて

後半に行くほど拍手や手拍子も増えて

楽しいライビュでした。

ほぼ満席ね。

 

カメラワークがさすがで

バックスクリーンのLEDも

本当に美しい。

 

10個のスクリーンに

様々に昔のPVが流れるところ

なんだか改めて感慨深かったなぁ。

あと、ファンの人たちのPic投稿?

そんな企画があったのね??

(鈍いあたし^^;)
ロールアップしてく画面が
やっぱり感慨深くて。
25年の年月をひしひしっと感じます。
MC
ラルクとしての初海外ロケは
”モロッコ”だったとHydeサン
それを受けててっちゃんが
「お札が湿ってて。。」と
さらに
「あちら人は、トイレで左手で拭く」
って話題になり。。(゚Д゚;)
そ。。。。そうなんだ!?!?
アタシ来月モロッコいくの。。
ダイジョブか?
もう20年以上前のことだもんね?(;'∀')
でも食べ物はあんまり
日本人の口に合わないらしい。。。
話がそれましたが
さらにてっちゃんは
ラニバ開催日について
「4とか、9とか
 数字的に縁起悪いよね」と言い出し。。。
実は、4月9日は
てっちゃんが初めて独り暮らしを始めた日なんだって。
よく覚えてるねー。苦笑
寂しくて実家に電話かけていたって。
その頃はスマホもないもんねぃ。
サブステから戻るとき
ゆっきーったら
ボール投げのカゴごと会場へ落としてた。
しかもボール入ったままw
ゆっきーらしい(苦笑)
Hydeサンは、ステージの際にボールを置いて
足で”ちょん!”と落としてみたり。怒Sぶり発揮。
セトリ的には
アタシは2日目の方が好きだった。
特に
"真実と幻想と”がすごかった。
演出と演奏とHydeサンの歌声が
鳥肌ものでした。うわー。って。
25歳のラルクが演ると
こうなるのかーって
見せつけられた感じです。
ラスト曲は”瞳の住人”
アタシはこの曲でFCに入ったの。
そんな思いでの曲です。
はぁ。
これからもついていくよ。
ラルクは
アタシにとって”夢”
VAMPS とはまた全然違うスケール感。
てっちゃんが
次は30周年。。とか、ポロリと言ったけど
もう少し手前でもライヴしてほしいね。
それにしても
夢の2日間でした。
ありがとう。ラルク。
またお仕事がんばろう★
もう次の週末は
VAMPS だよ!@幕張=3
氣志團×VAMPS  
こちらも楽しみなのであります^^
モードチェンジ!
■セトリ(太字は1日目と違う曲)
01.虹
02.Caress of Venus
03.the Fourth Avenue Cafe
04.Vivid Colors
05.Lies and Truth
06.真実と幻想と
07.forbidden lover
08.Shout at the Devil
09.REVELATION
サブステ
10.風の行方
11.X X X
12.花葬
13.侵食
14.HONEY
15.MY HEART DRAWS A DREAM
16.Neo universe
17.STAY AWAY
18.Driver’s High
19.READY STEADY GO
-EN-
20.Don’t be afraid
21.Blurry Eyes
22.Link
23.瞳の住人

 

| L'Arc & HYDE | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
25Th ラニバ @東京ドーム1日目

2017.04.08(Sat)

L’Arc〜en〜Ciel 25th L’Anniversary

L’Arc〜en〜Ciel

@東京ドーム

Open 16:00  Start 18:00

 

 

とうとうこの日がやってきた^^

まだまだ先だって思ってたけど

気づいたら もう当日!!

 

以下覚え書き的にアタシの想いとかライヴの様子とか。

 

■入場

開場は開演の2時間前だけど

アタシは、ホテルでゆっくりした後

ちょっと体調悪くて

ネットで探した渋谷のクリニックへ。

初診でもネットで予約できちゃう。

土曜日だけど、ホントよかったーw

 

そんなこんなで

水道橋到着は、17時ちょっとすぎ。

会場前は人がいっぱい♪

入場にも結構な時間がかかります。

それもそのはず。。

アタシは11ゲート側からの入場だったけど

ドアが回転ドアで1人ずつしか入れない。

チケット確認&チケもぎも

ものすごーくゆっくりなんですね。コレ。

だから、18時スギちゃっての入場。

 

■座席など

久々のアリーナ。

Dゾーン 下手側の

ほぼ真ん中のあたり。

ちょうど、サブステへ向かうレールの

真横でした。

アリーナから見るスタンドは

ホントに満席。

上の方も端の方もぎっしり。凄いな。

さらに、観えないけど

ステージ裏にもバック席があるんだもの。

みんなに愛されてるラルクだよね。

 

■スタッフなど

入場迄のスタッフは、スタッフジャンパー姿だったけど

会場内のスタッフは、ネクタイにスーツ。

おぉ。

なんかそれだけでも、格調高い感じが。

ラルクくらいの大物ロッカーになると

スタッフの服装も、ぴしっ!と正装。

参戦するファンに対してのおもてなし的な感じ?

 

 

■開演 18時20分頃。

いつもより早いw

Openingの映像は

 

謎の”Ellic Cranc "なる

未來の人物が語る

ラルクの歴史書から2017 年のラニバの記録が

消えてしまった というお話。

世界中のラルファンが協力して

記憶のピースを集め、すべて集まった時に

25Thラニバが始まる。

 

このEllic Cranc って誰?

実はLive後半に種明かしが。

L’Arc〜en〜Ciel のアナグラムでした^^

 

 

■ステージ

正面ステージの後方には

全部で10個のLEDスクリーン

舞台両側に 大きなLEDスクリーン

 

■1曲目

なんと ”虹”

 

はぁ

もう、イントロ流れただけで

涙が溢れるゎ。

ラルク好きすぎて

胸が苦しくなる。

 

遡りファンだけど

どの曲も

この十何年、、アタシの生活の傍に

いつもあったラルクの曲たち。

何度聞いても、いつ聴いても

アタシの歩んできた人生がそこに凝縮されてる。

辛い時 楽しい時 

色んな出来事や思い出が

一瞬によみがえってくる。

近くて長い道のり。。。

泣けますー。。。(´;ω;`)ウッ…

 

■HYDEサン衣装

なんと5回の衣装替え。

1.頭にターバン風巻物

  アラブの王子様みたい

2.サブステ移動のとき

  飛行帽かぶって。

  さらにサブステでは

  軍帽被ってw

3.黒系スーツ

4.白スーツっぽい+白女優帽

5.白っぽいひらひらTOPS

 

その都度髪形も変わっていって

色んなHydeサン見られてよかった。

でも、どのHydeサンも HYDEサンだった。

眉毛なしの目ヂカラはんぱない。

 

■4曲目の前のMC

Hydeサン先導で”錬成!”×2回

綺麗にウェーブできました^^

その後、後半にももう一度やったね。

 

■サブステ

移動は、アリーナ中央よりに2列でレール

そのうえを細長いステージが移動しつつ

メンバーは、REVELATION。

Hydeサン、ドラムの上にのっていて

可愛かったー♪

てっちゃんがほぼ真上通って@@

アタシレールの真横だったので視界良好。

上を通るメンバーさんたち。。

なんかすごくドキドキしたゎ。

 

■Link

9年ぶりにメンバー紹介。

あれま。もう9年経ってるの?(゚Д゚;)

 

■HydeサンMC

・ここまで来るのは平坦じゃなかった

・遠すぎて、自分じゃないみたい

・妖怪ですね

・25歳以下の人いる? 3世代?

・このステージにたてるのはメンバーの努力

 そしてスタッフの力、

 応援してくれるファンのみんな。

・LEDライトは輝いていたけど

 それよりも、君たちの笑顔が美しかったです。

・目に焼き付けとけよ!

・逢いたかったんだろ?

 

などなど。

 

■てっちゃんMC

・本当は、26周年なんだよね。

 

何度か26年経つことを強調してましたん。

 

■アリーナ

Neo universeの時に

自動車のバルーンが浮遊

さらに

丸いバルーンがたくさん♪

 

 

 

 

■以下セトリ

 

01.虹

02.Caress of Venus

03.the Fourth Avenue Cafe

04.flower

05.Lies and Truth

06.fate

07.forbidden lover

08.Shout at the Devil

 

09.REVELATION

 

サブステ

10.Voice

11.X X X

 

12.花葬

13.侵食

14.HONEY

15.MY HEART DRAWS A DREAM

16.Neo universe

17.STAY AWAY

18.Driver’s High

19.READY STEADY GO

-EN-
20.Don’t be afraid
21.Blurry Eyes
22.Link
23.あなた
■Goods
お値段がアレなので
ちょっと迷ってたんですが
終演後、迷わずGETしちゃったze.
(*´▽`*)

 

 

| L'Arc & HYDE | 00:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
25Thラニバ! へいざ。

 

HMVでの先行販売の

 

ラルクGOODS も

 

ラニバ前に到着して

 

気分上がる^−^

 

 

リボンのヘアゴムがかわいい♪

 

 

アタシは8日 東京ドームで

 

翌9日は 渋谷でライヴュ。

 

 

9日もドーム行きたかったけど

 

何度か落ちてる間に

 

キモチも堕ちて。。(゚Д゚;)

 

もう いいっか〜

 

ってことで

 

ライヴュを見ることに。

 

1日会場 1日ライビュ映像で

 

バランスとれてるかな。

 

 

 

 

 

 

| L'Arc & HYDE | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛でたい日

 

Happy Birthday!!!!!!!!

 

My  Dear☆

 

 

 

 

 


 

将クンがTwetter で

 

HYDEサンのこと

 

”神様お誕生日おめでとうございます”

 

 

って言ってた。

 

 

雲の上のお方なのですねぃ。

 

そんな将クンも

 

アタシは好きよん。

 

でも1番はずっとHYDEサン。

 

 

 


 

 

 

 

| L'Arc & HYDE | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
ラルク×バイオハザード

 

わーい。

 

フラゲでも当日でもなく

1日遅れでやっと宅配受け取れた(涙)

 

CD発売をずーっと楽しみにしていたので

フルコーラス聴くのはこれが初♪

 

イントロの音、

「あ。バイオだ」って間違えちゃうほど

バイオBGMを彷彿とさせますねww

 

PVも素敵。

ドーベルマンがメンバーサンたちよりずっと大きくて

そろって立ってる姿は、まるで

そのままゲームのキャラクターみたいで

素敵すぎる。

 

さらに

初回限定のBDには

バイオハザード20周年記念の

これまで発売された順に

ゲームのシーンが映し出されます。

最初の方がアタシには懐かしすぎるw

(遡ってゲームしたけどね^^;)

1なんて、何度やり込んだことかw

来年1月に発売されるバイオ7の

告知映像もあって

一瞬、ゲーム見てるのか

ラルクのBDなのか錯覚しちゃう(笑)

 

グロ系嫌いなラルヲタには好かれないかもだけど

アタシはこのコラボ大歓迎(*^-^*)

 

そして明日からいよいよ

映画「バイオハザード ザ・ファイナル」上映ですねw

 

 

| L'Arc & HYDE | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |