ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
My Space
TODAY'S MOON
CURRENT MOON
カウンター
SARA
閲覧者
閲覧者 ? 人
SPONSORED LINKS

Fly Me To The Moon

虹夢 Part2
沙羅の大好きな人たちとの覚え書き♪ HYDEサンとかラルクとかDollとか☆
(画像の持ち帰りはご遠慮ください)
Jupiter とか Kamijo ソロとか

 
2012年12月20日のNHKホールでのライブを最後に

活動休止に入った Versailles

ジャスミンの急逝後、

ライヴに通う足が少しずつ遠のいていた

Versaillesが

活動休止・・・

この日のライヴも行ってなかったアタシなので

今年になってから そのニュースを知ったときは

驚愕でした。。


”薔薇の末裔"をコンセプトに

本当に、最も薔薇に似合うバンド

比類なきコンセプトで

唯我独尊 

終わらないバンドって思っていただけに。。。



そしたら

Vo.のKamijoサンを除く4人メンバーに

新たなVo.ZINを加えた新しい

Jupiter  ってバンド名で

デビューしたんだって。


@@


ふむふむ。


Vo.サン どんな声かな〜と視聴。


うーん。ヴィジュ声ですねw

そして Kamijoサンより声が若いw

見慣れないのもあってか

Versailles の重みを背負うには

まだまだキャラクターのオーラ不足は否めない。。





しかし

G.のHIZAKI と TERUサンは やっぱりいいね〜

メロディアスなハモりにうっとりしちゃう。

こういうのを聴いて反応する自分に

改めてメタル好きだのだ〜と再認識。


前々から言ってるけど

沙羅的には

クラシック(特にバロック時代)と

メタル、ロックって 共通点があるのよ。


話はそれたけど・・・


一方、ソロデビューしたKamijoサン

こちらは

8月末にシングル OUT

視聴〜☆




艶血のラヴィアンローズ 

って、タイトルからして

Kamijo サンって

やっぱり 薔薇が似合うVo.ね〜


でも

演奏が・・・×。×

もろ、シンセっぽい薄いアンサンブル・・・

こういう音楽は

バンドだからこそ

活きるし、伝わるような気がするのは

アタシだけなのかなぁ。。。


私は Versailles の音や旋律や演奏が

好きだったので・・・


活動休止はやはりとても残念です。


Jupiter 

これならば

Versailles の前の

HIZAKI GRACE Project の方が

いいな〜・・・・



好きなバンドがいなくなるのは

本当に哀しいこと・・・






世界一 薔薇の似合うバンドになる

そう願ってデビューした 1作目

当時のアタシにとっては

衝撃的でした。



| Versailles | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
SILENT KNIGHT (LIVE)


昨夜のVersailles LIVEで 久しぶりにきいた
”SILENT KNIGHT”

ながい〜インストなんだけど
やっぱりイイ曲^^

HIZAKI姫×おTERUのツインギターは
何度聴いてもすばらしい!


| Versailles | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Versailles @ JCB ホール 4.30
2010.4.30(Sat)
Versailles World Tour 2010
"Method of Inheritance"
Versailles
JCB HALL



Versailles は
3月の
鹿鳴館30th Anniversary鹿鳴館伝説
〜LEGEND OF ROCK MAY KAN〜
以来でっす♪

昨日のSHOCK WAVE でかなり燃焼しちゃったので
今日は参戦前から気力的にどうなんだろう? 汗なんて
ちょっと思ってた^^; 持病も悪化しつつあるしね(汗)


開演19時15分前に入場。
が。しかしここで びっくりw
関係者入口と、一般入口が隣接してるんだけど…
関係者入口の方が列できてた ( ゚∀゚)・∵ブハッ
おかげで関係者入口に一時並んでいたという(爆)
一般入口 ガラガラ。。。。。 

ど〜なってるの? そんなの今までみたことない ( ゚∀゚)・∵ブハッ
もしや・・・ 関係者の方が多いのだろうか?
なんて下世話なことまで考えちゃった 汗



そして席番は・・・
アリーナ 7列 上手側の番号! 通路すぐ横でした☆
昨日は柵にて立ち見だったけど、
今日はスタンディングなしの全席指定でしたん。
しかも!
4列から始まるので、実質4列目という近さw
HIZAKIの殆ど前という @@ おぉ〜w
スタンディングだとHIZAKIの前はほぼ男性で埋まっちゃうから;;
ちょっと危なくてなかなか近づけないんだけど
今日はもうしっかりじっくりHIZAKI姫観察ヾ( ´∀`)ノ゛イエーイw


20分近く遅れて開演
幕があくと… 左右に3つづ炎があがり…
薔薇に囲まれたドラムセットやマイクスタンドw
いつもの光景だけど今日はさらに
センターに中世バルコニー風な柵があったりと 
Versaillesの いやKamijoサンの世界観がいっぱいだった!
さらに〜w
白魔導師軍団がwww 約30人くらいの集団がろうそくもって
ステージ2階のテラスみたいなところに整列!!!! @@ 
あれですね!
DEATH NOTE のミサみたいな感じw
もしくはF.F の白魔導師 
もしくはSTAR WARS のちっちゃな異星人w(名前わすれた;;)

なんだかな〜…
Kamijoサンのやってみたいこといっぱい詰まってるんだな〜って
そんな気がしたのだった。(むしろちょっとひいたけど・苦笑)
さらに〜
ステージ前にはカメラ用のレールが敷かれ
前方のカメラざっと数えただけでも 7台はあった! 
きっとこれはまたDVD出ますねw 確信!
以前のC.C.LemonホールのDVDもよく出来ていて
ホントにあの渋公?って思うくらい、ライヴ会場が広くて壮大に思えた。
そういうことにもしっかりお金かけてるな〜って思いました(下世話ですみません)

しかし
そんなことを思ったのもつかの間!
ライヴ自体は、あらためてHIZAKI姫やおTERUのギターテクに
うっとりとし、
YUKI兄ぃのドラムにまたうっとりし、
B.のmasashiクンも なんかいいのよね。
とってもストイックに演奏してる感じがいいw

KamijoサンのMCは
絶対しっかり一語一区練り込んでいたであろう計算されたMC

「君たちは美容院にいくの? それとも床屋?」 
ってフリのオチは…
「君たちも両手を使っていこうぜ!」ってことで
Zombie (笑) これだけじゃ全然意味わからないですよね?^^;
説明省略でスミマセンw

私たちの席の周りにはけっこう男性がいて
みな、すごいヘドバンでしたw
わたしは…昨夜の完全燃焼ですでに首が痛くて(爆)
自重しましたんw
最前の男性陣は手をつなぐフリのところも楽しそうにしていたし
なんだか和やかだったな〜^^ 

とにかく
ステージの演出といい、演奏レベルといい
Versailles の世界観満載のよいライヴだと思いました!
みんな演奏うまいwww 

まるで 
ROCKな演奏会という印象。
箱でのノリノリライヴよりも、Versailles は
むしろこういう上品な感じの魅せるコンサートのほうが
よりバンドの良さが際だつような気がしたライヴでした。

これからヨーロッパツアー がんばってください☆
そして今回新たに発表された 
鹿鳴館でのFC限定ライヴ 
そして7月のkamijoサンのB.D.のクラブチッタライヴ
9月のC.C.Lemon HALL まで疾走してくださいね^^



銀テープにはちゃんと Versailles のロゴ入り♪





お祝いの花々は やっぱり薔薇一色♪
薔薇が何より似合うバンドですね^^


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


以下セトリ覚え書き

01.The Love from a Dead Orchestra
02.愛と悲しみのノクターン
03.Rosen Schwert
04.Beast of Desire
05.PRINCE
06.After Cloudia
07.The umbrella of Glass

-ドラムソロ-

08.SILENT KNIGHT
09.Reminiscence
10.Catharsis
11.月下香
12.Zombie
13.Shout & Bite
14.Amorphous
15.Ascendead Master
16.PRINCESS
17.Serenade

-アンコ 1 -
18.GOD Palace
19.The Red Carpet Day
20.Aristocrat's Symphony

-アンコ 2 -
21.Sympathia
22.The Revenant Choir

| Versailles | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
鹿鳴館伝説@JCBホール 3.19
2010.03.19(Fri)
鹿鳴館30th Anniversary鹿鳴館伝説
〜LEGEND OF ROCK MAY KAN〜
メリー/Versailles/Phantasmagoria/ムック
JCBホール




いってきました〜☆
鹿鳴館30周年記念のライヴ♪

ちなみに鹿鳴館って…過去2回ほど来たことある。。
てか2回しか来たことない。。。;;
けど今回の対バンはとっても楽しみにしてました^^
今回の参戦場所は、2階バルコニー下手側でした。
なので、アリーナの様子もバルコニーの様子もよく見えて
皆さんのノリも盛り上がりも一緒に楽しめた感じでした。
実は
ムックとVersailles の他は初生でしたん( ̄ー ̄)ゞポリポリ  
以下、私的な覚え書きはなどなど。


■メリー

初めて観たんだけど
Vo.サンの声量ありますね〜
アカペラで歌ったところとか、素敵な声だなと思いましたん^^
でもとっても細いのね^^; 肋骨がくっきり(汗) 
お立ち台が学校の机なのが新鮮でした☆
乗り慣れているのかしら? 
倒れやしないかとハラハラしていたのは余計なお世話ですねw
そして殆どMCなしで飛ばす飛ばす。
こういう流れっていいですね^^  なので全部で8曲も聴けて
とっても楽しめました^^
5曲目だったかな。ウサギのかぶり物で歌っていて
なんだか不思議にきもかわいかったなw


-セトリ-
1.[GI:GO]
2.FictionXXXX
3.Midnight Shangurila
4.演説〜シュールレアリズム〜
5.[human farm]
6..不均衡キネマ
7..ジャパニーズモダニスト
8.バイオレットハレンチ



■Versailles

準備中に、中央にレッドカーペットが敷かれ。。。
すぐにVerusailles だと解りましたゎw 
機材にも薔薇がいっぱいだったしね^^
いつものSEでメンバー1人ずつ登場☆
MCではKamijoサンがいつもの
「ボンジュールハニー」 
会場「は〜い ダーリン♪」の掛け合いのところで
今回もまた 
「男は”兄貴”って呼んでいいよ”」ってw 
Dr.のYUKI兄は鹿鳴館からの紹介だし
インディーズのラストLIVEは鹿鳴館で5Daysだったし
今年は男子限定、女子限定LIVEもするそうですし
何かと鹿鳴館とは縁のあるVersailles なのでしたw

しかし…
2階から観ててよくわかったんだけど
ノリがいいのはまだまだ1柵目あたりとバルコニーはちらほら。。ですね;;
熱狂的なファンがいる反面、まだまだ浸透してないというか…
こういうイベントでもっともっと彼らを観て聴いて知ってほしいなぁと思いましたん。
曲的に、フリとか決まったものがないし、
ノリにくい…どうノッたらよいのか解らない…という感じもあるのかなぁ。。 

今日は特にHIZAKIがかっこよかったw
もぉお立ち台に片足あげちゃったりしてるのが萌え〜  。+゚( *´艸)ブッ
スカート姿でっっ♪ 
セトリは、スタンダードなところって感じでした☆
来月は、同じJCBホールでのワンマン! そちらも楽しみにしてますん♪

-セトリ-
SE.Prelude
01.Aristocrat's Symphony
02.月光香
03.ASCENDEAD MASTER
04.The Revenant Choir



■Phantasmagoria

初生でしたん。
なんていうか… すっごく個性的なバンドさんですよね。
こういうバンド嫌いじゃないょw
期間限定で活動中で、鹿鳴館が東京ラストって言ってたかな。
もったいないというか…もっと聴きたいなと思いましたゎ。

Vo.サンがMCで
「今日は僕らのこと、知らない人のほうが多いとおおいますが…云々」
と言ってましたけど
うっそうっそw 
だって、始まった瞬間から会場の完成とノリと一体感すごかったもんw
びっくりびっくり (@▽@)  

…にしても… バルコニーって席があってある意味いいですねw
そんなファンタスマゴリアの音楽を聴きながら座っていたら
ちょっとだけうとうと〜…っと寝てしまいました。。。ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
あぁ。。 相方ちゃんがすっかりあきれてましたが(汗)
だって。。 心地よかったんだもんw
あんな激しい曲で寝れるってどうよ。。!?!?って言われたけど、。。 

ホントスミマセンw  m(_ _)m

-セトリ-
1.Pixy Fales
2.Unknown Zero Distance
3.NEO ARK
4.神歌



■ムック

相方ちゃんがすっごく楽しみにしていたムックw
舞台上のセッティングの早いこと。
そして舞台の上にはアンプ類が通常の位置じゃなくて
両サイドによせて置かれていて
舞台の上はすっきり〜って感じでした。
みんな裸足なのね。逹瑯サンだけが裸足だと思ってたので^^;
SE始まったとたん、会場の熱気が全然違うw
もう会場全体が夢鳥サンたちかと思うほど。
さすがムックですね。ビッグですねw 
ダイバーさんもいっぱい! 上から見てると本当によく見えて
コロコロとたくさんの女の子たちが転がっていくのを目の当たりにし…
なんて楽しそうなんだろうwと 心底おもいましたゎ。
最前までコロコロしてくと、会場の方を観て立ってるスタッフさんが
ちゃんと止めて起こしてあげるんですねw 
そしてハンパないモッシュw みんなホントに楽しそう。
わたし的には、”フリージア”がラスト曲で 
おおぉw と唸りましたん。 かっこいいわ〜☆
暴れ曲いっぱいそうなのに、ラストはしっとり余韻もちつつ終わった感じで。

今回は対バンだしアンコールもなく、曲終わりで
サクッッと客電がついて終了したんだけど
それでもとても満足したLIVEでした^^ 


-セトリ-
SE:ホムラウタ
01:アカ
02:咆哮
03:終止符
04:ファズ
05:楽園
06:オルゴォル
07:蘭鋳
08:フリージア



最後になりましたが…

鹿鳴館30周年 おめでとうございます^^
これからも素敵なアーティストさんたちがここから
発信されますように♪

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


さすがに汗かきw
スタバの新作 ハニーオレンジフラペチーノ飲みました♪
夜風の中、気持ちよ〜くオープンカフェにいたのだけど
さすがに飲みきるころには体の中まで冷たくなりましたw 

(* ̄m ̄)プッ

そんなわけで
夜行バスで帰ります☆ 



| Versailles | 23:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
Versailles @BOTTOM LINE 3.5
2010.3.5(Fri)
World Tour 2010 "Method of inheritance" -APOSTLES-
Versailles
名古屋BOTTOM LINE


ボトムラインは、去年5月のVersailles LIVE ぶり。
確かツアーの最終日で 勇サマの真面目なMCがあった日。
5人そろったVersailles を名古屋で観た最後の日。。。。

この会場に来ると いろ〜んなことが頭をよぎります。
でも、今年新年の勇サマメモリアルで思い切り泣いたから
今日はもう泣かないと…メジャーデビューおめでとうと
新しいアルバムからの曲も楽しみに参戦しました。

整理番号は80番台だったので。。
まぁ前の方だった。
今日はセンターやや下手より3列目。
上手は男性が多くていつも危険ゾーンなんだけど
センターはどうなんでしょう。いつも中程〜後で参戦することが
多いので、ちょっとドキドキ。
始まった直後はぐぐぐっっと押しの波がきたけど
さほど酷いものでもなく、ちゃんと手をアゲサゲできるスペースは
あったのでよかった。
しかも適度な押しは心地よかったり^^
2度目のアンコールのあたりは、かなり熱狂した男性が
ぐいぐいと来たので…汗 だけど
まぁラスト2曲だし そのくらいの押しは全然大丈夫。
ライヴを楽しむには余裕だった☆
Versailles の箱もマナーがいろいろ言われるけど…
それでも私的には全然OK
VAMPSとかアリスナインの最前、1柵目の押しはハンパないから
それに比べれば、密集地はほんの僅かな一帯だけな気がする。



◆Kamijoサン
 ラジャー ブラジャーって。。 
 MCでそんな下ネタ?w言うKamijoサン…
 初めてみましたが ( ゜ω゜):;*.’:;ブッ

 ”ボンジュール ハニー”
 ”は〜い ダーリン” の会場とのいつものかけあいの時
 男性ファンに向かって
 ”兄貴とよびなさい!” と言われ…
 かなりうけたw それでしばらく ”兄貴コール” 

 雨男で有名なKamijoサンとおTERU 
 今回ツアー初日の横浜も雨。。 名古屋もまた… 
 そんな話に会場は ”苦笑”w
 で、サポメンのマサシクン(だったよね?w)は
 超晴れ男らしくて
 彼はKamijoサンに、
 ”まかせてください! お天気もサポートしますから!” 
 と言ったのだとか。
 その時Kamijoサンは ”絶対まけない!”とかいったらしいw
 ( ゜ω゜):;*.’:;ブッ  そんな負けず嫌い披露してどうするw 

 あと…
 例年ツアーでは、名古屋は後半に来るけれど
 今年は初日の後に名古屋。
 それは 勇クンのことがあるからだったって。
 名古屋入りして勇サマの実家へお参りに行き
 勇サマのお母さんの手料理をメンバーさん皆でいただいたのだそう。
 「今年初めての手料理でした。今年はとても幸せです」
 みたいなこと言われたんだけど。。。
 もちろん、勇サマ母の手料理 特別な味がしたのだと思いますが…
 それ以前に… Kamijoサン… 汗
 ”今年初めての手料理?????” ヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ
 あぁ。。。なんか それって… ものすごく寂しい・・・・ 汗


◆HIZAKI
 新衣装は柄入りのストールもあって、アンコの時の登場時
 ストールを手になんだかなまめかしい妖艶な動きだったw
 相変わらずお綺麗でございました。
 もちろん演奏◎

◆YUKI兄
 いあ〜 (# ̄∇ ̄#)  
 ドラム素敵でしたん☆ 
 私はYUKI兄のドラムの音大好き。
 アンコ2の後、4人がフロントにたって We are Versailles!
 のかけ声にあわせてJAMPした後 
 YUKI兄の手にタッチできました〜♪ がっちりしたいい手だったw

◆おTERU
 相変わらずキュート 
 ソロの早引きの指にくぎづけ。
 クラシカルな曲に明るい音 どこかブリティッシュな民族音楽を
 連想する(勝手にw)あの曲 やっぱり生で聴く&観るのはいいなぁw
 さきほどのKamijoサンの”雨男話”の時、
 下手から TERU が白いマントをくるくると体に巻き付けて登場w 笑
 レアなTERUのてるてる坊主を観ることができました♪


感想などなど…

Kamijoサンの声がいつになく小さかった。。。ナゼ
前の方にいたので スピーカーのバランスのせいかな?って思ったけど
後で後にいた相方ちゃんに聴いたら、後でもやっぱり小さかったって。。

あたらしいアルバムは、私の印象はかなりクラシカルな感じがしたので…
メタル一色というのじゃなくて、よりメロディアスな曲が多いなぁと。。
なのでノリ方が、ちょっと今までの曲と違うのかな?どうなのかな?って
思っていたのだけど
それ故なのか? Kamijoサンが、曲ごとにふりつけが変わり
それをちょっとマネしたりして動いてました。


以下…セトリを 

と言いたいところなのですが…
パンフに、Kamijoサンのメッセージで
セトリはツアー終了まで伏せてほしい。。ということがあるので
あえて書きません。
終了したら覚え書きのためにUpしようかな。

次は 3月の対バン。鹿鳴館のヤツw 
ツアーは始まったばかりだけど遠征はしないので
ちょっと間があいて寂しいかも。 



☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆☆.+゚'・:*+☆.+゚'・:*+☆

さ〜て。。。
汗だくで発散して気分よ〜くベッドへ。。。
と、行きたいところなのだけど
明日の仕事の準備で 眠い目こすりながらもうひとがんばりしますw



| Versailles | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
JUBILEE
 


昨日(19日)にフラゲしてました☆

今回密林は GOOD JOB!!!!

JUBILEE
-METHOD OF INHERITANCE-
VERSAILLES


思ったよりクラシカルな仕上がり。
よりゴシックメタル色が強くなっているような^^
好み好み♪

このアルバムをひっさげて国内&国外を
思いっきり飛び回ってほしいです☆



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

昨夜はラクリマの余韻にどっぷりだったのいね^^;
音楽は多種多様だからやめられませんw

NO MUSIC !!  NO LIFE !!!!




| Versailles | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
Jasmine You Memorial Ceremony@渋谷O-EAST

2010.1.4(Mon)
Jasmine You  Memorial Ceremony
Versailles / Kaya / 摩天楼オペラ
渋谷O-EAST




Jasmin You の追悼ライヴが
今年最初の私のライブ参戦。 

渋谷O-EAST は 
去年の私のライヴ初め(1月2日)だった
奇しくも-狼煙- Versailles と摩天楼オペラのライヴを観た場所。
ライヴ覚え書きはこちら →

同じ場所に同じメンバー あの日は楽しかった。ホント。
今日のこの場所で唯一違うのは… もう 動いてるゆうサンはいない。
もう1年たつなんて信じられないくらい。。。。
あの時 ゆうサンは金色の和服を着て ラルクの ”夏の憂鬱” 歌ったんだよね。
歌詞を少しかえて ”冬のジャスミ〜〜ン”って(笑)
あの時初めて、ゆうサンの生歌を聴いたんだっけ。 

あれから1年… 
Jasmin は、紫色の衣装を着て薔薇に囲まれた写真の中で
ステージ上の方でみんなを見下ろして微笑んでいました。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

今回の整理番号はA96,97 かなり前だったのかな。
…にもかかわらず。。。 前のスケジュールで
開場には間に合わず。。。 
着いたらすでに800番台が呼ばれていました(汗)

でもO-EAST は横に広い会場なので
それでも前のフロアに降りていくことは出来ました。 
いつもは下手。。。ちょうどYouサンの前あたりが定位置なんだけど
今日はほぼ中央。。 KAMIJOサンの前あたり2柵目に移動。


【摩天楼オペラ】

V-ROCK 以来のオペラでした。
1曲目から激しい。
4曲目の前のMCでは苑クンが
Jasminとのエピソードで
「今日のお話をいただいてから
 今日はバラードをたくさん歌おうか。。。
 どんな曲をやろうか…いろいろ考えました。
 でも、Youサンは、以前、
 ”君たちは今のままで ずっともっと上にいけるから”と
 励ましてくれました。なのでいつものようにいこうと思いました」

というようなMC。
そして 「この曲はゆうサンのために歌います」と。
「眠れる夜」
やはりこのあたりから、気分的にこみ上げてくるものがあり。。。
追悼ライヴということをじわじわと感じはじめたわけで。。。

それから…
Bass. の燿クン あらためて お上手ですね。
存在感のあるベーシストさんだと感じました。
指ばかりガン見しちゃったような^^;

-セトリ-
1.Anomie
2.電脳パラノイア
3.Last Game
4.眠れる夜
5.瑠璃色で描く虹
6.Murder Scope
7.honey drop

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

【Kaya】

相方ちゃんがとてもとても大好きで
一度はライヴに行ってみたい!と言っていたKaya
You Tube でちょっと予習しつつ初生Kaya!

彼(彼女)は、黒ゴスな衣装に胸元に赤い薔薇。
追悼ライヴにちなんだMCは初めは全くなくて…
極めて(たぶん)普通のライヴの進行だったような気がする。
…にしても
すごい歌唱力です。歌上手すぎ。
なんていうか… 声を自在に操ることが出来る人。
そして巧みなMCで会場を煽るのもお上手。
女性ちっくな声と男らしい声でホントあっという間に世界観を作る方。

ホントは…
去年12月27日のヤクルトホールワンマンライヴ
行きたかったなぁ。。。。。。 と思いました。


半ばのMCで ステージ後方上に飾られたYouサンの写真を観て…

「凄いわねぇ〜私より目立っちゃってヤダわ」(笑)
「私達、タンビーズだから」←耽美ですw 

Youサンとは、どんなおつきあいかは私にはわからなかったけれど…
きっとその語り口から、とても仲の良い友人だったのでは。。と感じました。
だからこそ 今日は明るく笑い飛ばしているのかなって。
だけど… 
その後のMCでは
「私にできるのは ただ歌うことだけ…」と。
多くを語らず 意味の深い言葉なんだなと感じました。

「私のライブは自由に楽しんでくださいね。
 叫びたかったら叫んでいいし、
 咲きたかったら咲いてもいいし…
 (途中でデスヴォがきこえたら…)
 そうそう。デスヴォでもいいのよ〜」と軽妙なMC

「ただひとつお願いがあります。
 ”声をちょうだい”って言ったら 名前を呼んでね」 

そしてピンクの羽扇子 すごいw
男性もどこにしまっていたのか、曲によって取り出して
華麗に扇子を振っていましたw

Kayaの世界観は ちょっとアリカサマの匂いと同じような。。。
耽美なんですよね。
だけどアリカサマほど毒舌じゃなくて(オイ)
とってもあたりのいいMC 嫌味の欠片もなく気持ちいい。
もちろん ”声”が素敵です。ホント。
アルバム じっくり聴きたいと思いました。

追伸) Shaura の話聞きました。 また歌っているとわかって
なんだか嬉しくなりました。


-セトリ- (いただきもの)
1.Carmilla
2.Walkure
3.Ophilia
4.Epicurean
5.funerary dream
6.Rose Jail


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


【Versailles】

そしていよいよ Versailles.

いつものSEが鳴り響いた時、
音響が少し乱れました。。。 
それは、あたかも ゆうサンがそこに居るかのような…
そんな気がしました。

ゆうさんのいないVersailles は、V-ROCK で体感してるから…
今日は泣かずにいたいなと思っていたのだけれど。。。
もう1曲目から ダメだった。。。 涙
視界にKAMIJOサンと… その上から微笑んでいるJasuminと…
なんだかそれを観てるだけで 涙腺が。。。 。:゚(。ノωヽ。)゚・。

ベースは同期だったと思う。 
でも…なんだろう。。。 
ベース不在をカヴァーするようなゆき兄やHIZAKI、TERUの音。
贈るライヴ 新しいVersailles そんな音だったのかも。


KAMIJOさんMC…
「今日は、泣きたい人は思いきりないてもいいし
 叫びたい人は叫んでいいし
 みんな悔いのないように思いをぶつけていいから」
というようなこと言われて。。。 

あぁ。。 泣いてもいいんだよね。って少し気持ちが楽になった。

「寝ている時に見る夢…
 生きている人が思い描く夢…
同じ”夢”という言葉なのにその意味は全く違います。
それなのに
どうして同じ言葉なんだろう」
そんな…台詞のような語りのようなMCのあと
新曲 「Serenade」 (だったと思う。)

ベタすぎる歌詞でした。。 涙

Kamijoサン… 絶対泣かせるつもりだ。。。って
そんなこと思って。。。 また泣いて。。 く〜…
今日は、位置的に真ん中だったからなのか…
もう終始 Kamijoサンと目があっていたような気がする。
相方ちゃんも同じこと言ってたから… みんなそう思っていたかも。。
とにかく… 泣いて泣いて 
Kamijoサンの頬にも 黒い涙が。。。 
きっとあれは汗じゃなかったのだと思う。

周りもみんなすすり泣いてるもんだから… もう止まらない。。 涙
難しいこと考えていたわけじゃなくて。
ただ そこに在るべき人がいない。 
それがただ 哀しくて悲しくて 溢れた涙

どの曲だったか…Kamijoサン
会場に背をむけて ゆうサンに向かって歌っていましたっけ。

そしてアンコール

「ゆうクン…
 僕達も、そしてみんなも、もう、大丈夫だから…。
 ゆっくりおやすみ。。。」
「ゆうクンが言ってくれたように
 ゆうクン自慢のVersaillesであり続けるから」


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

ホント、いっぱい泣きましたよ。 明日から仕事なのに…
目がはれはれじゃないかと心配になるくらい。。汗

だけど…
泣いて泣いて(ヘドバンもしたけど)全部出し切って
もうきっと 泣かないと思う。
そしてこれからも Versailles 大好きでいる。
”末裔”としてずっとついていきますょ。


曲が終わり…
メンバーがステージを去り
幕が閉じるまで ずっとYouサンの写真に
みんなして 名前コールしてました。
惜しむという気持ちから
”ありがとう”って気持ちに少しずつ変わっていけたら。。。
今日のセトリは
Youサンのためのものだったのだと思う。
ライヴも 会場は泣いたり熱かったり…いろいろだったけど
いいライヴだったと思う。
みんながみんなそれぞれの想いを抱いてひとつの音の中にいた。

最後に…
Kamijoサンが「ちょっと寂しいけれど…」といいながら
メンバー4人が横一列に並んで手を繋きました。
会場のみんなもって声がけで 会場も隣の人同士手を繋いで。
みんな暖かかった。

そして気合い入れ。 せーの! 「おぉ!」って。



ありがとう。You さん。
そして
安らかにお眠りください。


-セトリ-

1.ASENDEAD MASTER
2.月下香
3.The Red Carpet Day
4.PRINCE
5.PRINCESS
6.Serenade
7.After Cloudia

アンコ
8.Sympathia
9.The Revenant Choir


| Versailles | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
訃報
 
大好きなVersailles の ベーシスト Jasmine Youが
9日に 急逝したそうです。
今ごろ知りました。。。 
すごく哀しいです。

今年6月にメジャーデビューを果たし
これからという時だったのに。。

詳しいことはわかりませんが
いずれ詳細はわかると思います。

あの強烈な個性で 他を圧倒してたJasumine が。。
もういないなんて。急なことで信じられないし受け入れられません。

お正月のライヴでは、
余興でラルクの”夏の憂鬱”を歌ってくれたJasmine
あの時、初めてJasmine の歌声を聴いたのだけど
もしかしてラルクを好きなのかな?って思ったり。歌もうまかった。

その後始まったインディーズラストツアー
名古屋では、Jasmineの地元ということもあって
関係者の人や知り合いもたくさん来場していたようで
まさに凱旋ライブだったのに。。
あの5人だからこその Versailles
薔薇のバンドに相応しいメンバーでした。。。

もう
ジャスミンティーを優雅に会場に投げる姿も
見ることできないんですね。

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

主のいない Jasmineのブログ
7月の日記には、Kamijo さんと二人で腹を割って話したことが
書かれていました。
もともと話すことが苦手というjasmine
だけど 同士といえる Kamijoさんとじっくり話せたことは
とても有意義なことだったと。。

「自分の考えかたや自分を周りに理解してもらうためには
 やはり会話等でのコミュニケーションが大切である。
 ポジティブな事やネガティブな事など何にしても
 普段から『仲間』や『同士』と自分の気持ちを隠す事なく話し合う事、
 ”時間を共有”する事がとても重要だと感じた」
と書かれていました。

実は私も昨夜
同じようなことを痛感したので
この言葉がとても滲みてきます。。
涙が止まりません。。。

生き急いでしまったのでしょうか。。 Jasmine
どうか天国でも カッコイイベースを弾きならして
Jasmineらしくいてください。

ご冥福をお祈り致します。



以下は、メジャーデビューシングルのPV
ショートストーリーが三部作になっていて 
三種形態のCDに織り込まれています。
今夜は これまでのVersailles の曲をずっと聴こうと思います。

(このPVは6分越える長めです。お時間のある方はどうぞ)

| Versailles | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
Versailles DVD 2種
 

Versailles
PV集+ライヴ映像集+貴重映像集
「HISTORY OF THE OTHER SIDE」


Versailles
ライヴDVD
「CHATEAU DE VERSAILLES」

2009.5.20 IN STORE


先日2枚同時に発売されたDVD☆

上の写真は ライヴDVD
なんと、歌詞カードが一枚ずつ
メンバーさんたちの写真つきのカードになっています☆
素敵なアイディア^^


PV集には、これまでのインディーズツアーでの
オフショットがふんだんにはいっていて興味ぶかいです^^
この人たち
ヴィジュアルな衣装をつけていなくても
普通に本当にかっこいい人たち(>_<)

メイクも衣装もなしのリハ風景では、
衣装のHIZAKI姫は、あんなに可愛らしいのに
金髪ロン毛にジーンズ姿の彼は 男らしいw
ギターを持って、あの足の開きかたとか 
ものすごく新鮮w (そこかょ・笑)
ジャスミンも、あんなに色気ムンムンなのに
普通にかっこいいお兄さんなんですねw
というか、お化粧してないほうが素敵かも(ぇ)w
もちろんKAMIJOさんもてるきちもゆきも普通に素敵です (。・_・。)ポッ 


そういえば・・・
彼らは タトゥー入れてないですょね。
タトゥーを否定する訳ではないですが…
彼らの美意識は そこにないのね^^
それがまた 大好きだったりします☆


もしももしも…
何年か先に
彼らがもっと年を重ねて
衣装もお化粧もしないで舞台にたっていたとしても
(てか・・ ありえないかな・笑)
私はきっと応援してると思います☆ 
てかむしろ そっちもいいかもw


そんな”素”な彼らを見られるのは とても新鮮だし
作り込まれたコンセプトで舞台にたつ彼らの
あえて”素”を見せてくれる その勇気というか心意気が嬉しい☆
いよいよ6月メジャーデビュー。
がんばってほしいです^^



もう一枚の 去年末の初ワンマンホールツアーDVD

15台というカメラアングルは
ここが本当に渋公?? と思うほど
圧倒的に広い空間を演出してるなぁと思いました。

あぁw
蘇るあの年末ライヴ (´- `*)ポワァァン  

MCまで、カットすることなく
ほぼ全てにおいて切り貼りなしのまさにライヴなDVD。

今日はすっかりと
堪能させていただきました〜☆

やっぱり好きだゎ〜w

”We are Versailles! "


ヾ( ´∀`)ノ゛イエーイw


| Versailles | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
Versailles @名古屋 ボトムライン 5.9
2009.5.9 (Sat.)
Versailles
-Versailles Indies Last Tour-
The Fragment Collectors
名古屋 BOTTOM LINE


思えば…
今年のライヴ初めは 1月2日
Versailles 主催のライヴからだったのでした。
あれからはや4ヶ月余り。早いなぁ。。。

久しぶりのVersailles ライヴ!
会場のBOTTOM LINE は ホールが横長で
奥行きが狭いので、舞台とも近くてとてもいい空間です☆

前回の名古屋は2回続けて ell.だったから
それよりも会場は大きくなって人もたくさんでした^^
Versaillesのライヴは、男性が多いです。
いいことですよねぇ。

で、開演前のアナウンスが

「今日は男女色々な方がいらしゃっていると思いますが
 男性の方は、女性への配慮をお願いします。
 また女性の方は、つけ爪などお気をつけください。」

こんなアナウンスが流れて、会場は思わずクスリ♪
いいですよねぇ〜♪
こんなユーモアのあるアナウンス。
とかく、箱は暴れるのでやはりこの配慮は必須
です。

どこかの
川崎チッタの VAMPS ライブとは大違い!!!!
(このお話は、改めて書きます・・・)




さて。。
気を取りなおしまして

会場までの間は、いつものようにクラシックのBGMで
待ち時間も 落ち着きます^^

始まってからは
最初からもう 飛ばしっぱなしだったので
ほとんど記憶がないくらい楽しかったのですが

■本編後、勇サマ MC
 勇サマの地元、凱旋ライヴなので
 2階席にはご両親や古くからの関係者の方がみにきていらしたそうです。
 普通に話す勇サマ・・ 初めて見たかも〜(笑)
 多くの人たちに支えられて そういう人たちを大切にしている勇サマが
 とても素敵にみえました^^

■その後の…
 "We are~" の煽りは 色っぽかったです!声が!
 その後登場したkamijo サンも同様にマネして… なんかきもかわいかった(ぇ)
 
■ちょっと心配だったこと
 本編ラストHistory of The Other Sideの後半で、
 HIZAKI姫が倒れてしまいました。。。汗
 その前にちょっと音をはずしたりしていたのですが・・
 アンコールまで、少し時間がありましたが
 その後はしっかりと弾かれていました。

 それにしても・・・もしかして痩せられました?汗
 お顔のラインがすっきりして顔が一段と小さくなった気がしました。
 blog でも書かれていましたが・・・・
 体力作りってホント大切だと思います。(参戦側もですが・・)

■Kamijoサン 
 アンコールの”The Red Carpet Day”の途中で
 突然後を向いて、そのまます〜〜っと倒れるようにダイヴ!
 うぁ〜w 上城サンのダイヴ初めてみました! 感動w
 男らしい〜!!! ナルなのに…するときはするんですね!(失礼)
 わたしは下手の真ん中くらいにいたのですが
 その後は受け止める人たちが潰れて、少し雪崩が起きました。
 Kamijoサン 舞台に上がったあと
 「大丈夫か?」って涼しげに声をかけておられました。^^

 ダイヴって・・・・
 よほどファンを信じてないと出来ないと思う。
 チキンなHY×○サンには 無理だなー・・・・・(失礼)哀しいけど。。
 まぁファンサイドの問題もあるのでしょうけれど。 
 (ちょっといちいちつっかかってる本日の沙羅です。。トゲトゲでスミマセン・・・)


■その他
 相変わらずKamijoサンは
 「鎖骨を差し出せ〜!」って叫んでました^^ 
 なんかいいんだわ。差し出したくなる(笑)ぇ


とにかく
あっという間の約3時間。
楽しく暴れることができて本当にいい時間でした☆

今日はインディーズラストツアーのまさにラストだったんですよね。

これからもずーーっと応援しています^^

Versailles 最高♪

We are Versailles !!!!!!!!



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆


以下セトリです。 
ちょっとうろ覚え。。。

なんか・・・ Forbbiden gate なかった?!?!
あれ〜? やっぱりうろ覚えです(>_<)



 1.Prelude
 2.Aristocrat's Symphony
 3.Antique in the Future
 4.Second Fear -Another Descendant-
 5.zombie
 6.windress
 7.PRINCESS
 8.SILENT KNIGHT
 9.SFORZANDO(上城サンソロ)
10.INTRO
11.The Love from a Dead Orchestra
12.BEAST OF DESIRE
13.SUZERAIN
14.After Cloudia
15.PRINCE
16.History of The Other Side

-MC- 勇サマ

アンコ1
17.Shout & Bites
18.The Red Carpet Day

アンコ2
19.The Revenant Choir
20.Sympathia




| Versailles | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |