ENTRIES
COMMENTS
TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
My Space
TODAY'S MOON
CURRENT MOON
カウンター
SARA
閲覧者
閲覧者 ? 人
SPONSORED LINKS

Fly Me To The Moon

虹夢 Part2
沙羅の大好きな人たちとの覚え書き♪ HYDEサンとかラルクとかDollとか☆
(画像の持ち帰りはご遠慮ください)
袷のキモノ

 

桃子先生の月一 お洋服教室

 

今月は・・・

 

1月先生がインフルのために

 

休講になったので

 

順延で

 

とっても楽しみにしていた

 

”袷のキモノ”

 

 

きのこ柄のキモノと

 

リス柄の帯の組み合わせが

 

とってもキュート!!!

 

 

手縫いの箇所のいろいろあって

 

お洋服を作るより

 

時間はかかりました〜^^;

 

作業工程が多いのですねw

 

でも満足満足!

 

やっつけPIC だけど

 

達成感あるうちに撮ってみましたん。

 

 

折しも

 

お正月に

 

Passaサンの”反物から作る着物キット”を

 

作ったばかりで

 

最初からなんとなくだけど

 

イメージはありました^^

 

Passaサンのおかげ☆

 

 

ちなみに今回のキモノは

 

総裏地です。

 

 

 

今回勉強になったのは

 

後ろ身頃の背中線の縫い代は

 

左側へ倒したこと。

 

縫い代割らないのは意味があって

 

もともと昔は手縫いだった着物

 

縫い目がやはり細かいわけではないので

 

縫い代を割ってしまうと

 

その部分が布地に負担がかかって

 

脱ぎ着しているうちに

 

破けやすくなるんだそう。

 

なので片側に倒して

 

負担を軽減しているのですって。

 

 

正にメカラウロコ。

 

なので

 

表地も裏地も

 

縫い代は背中線は左側に

 

脇の縫い代は中心に向かって

 

倒しております。

 

 

袖付近にある

 

4か所の”身八つ口”を縫って

 

裏返して

 

袖をミシンでつけて

 

(3枚一緒に縫って

 

残りの裏地は手縫いで

 

縫い代をくるむようにかがってあります。

 

 

また

 

アイロンは軽く。

 

縫い目がびしっと折られるのではなく

 

ぼゎあんとしたふんわり感を残して。

 

布地がちりめんということもあり

 

アイロンも軽くで

 

パリっとした仕上がりではなく

 

ふんわりした出来上がりですが

 

市松人形くらいの大きさまでは

 

この方法でできるとのこと。

 

なるほどー。

 

 

おはしょりは

 

長さを決めて

 

ざくっと仮縫いして

 

折るだけの簡単仕様ですが

 

おはしょりの長さが

 

なかなかぴったりいかなくて

 

そこが沙羅的には一番苦労したとこ。

 

今も、まだ納得できてないので

 

やり直す予定です。

 

今のままだと

 

丈が5ミリくらい長い。。かな

 

 

その点

 

Passaサンのキットでは

 

おはしょりを

 

しっかりと印付けしてあり

 

間違いなくぴったりの幅に

 

仕上がるので

 

出来上がりのバランスがよくて

 

とても綺麗にできたんだなあと

 

今頃改めて思いました。

 

とにかく

 

自分で決めるのは

 

難しい。。。(゚Д゚;)

 

 

 

 

 

 

 

帯には色々装飾を♪

 

 

リス柄がカワイイです^^

 

 

 

 

 

お太鼓風の帯にもリスがどーん!!!

 

 

 

 

Juniper   ジュニパー
(CWC プリマドーリー パリ 2010 )
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

 

それにしても

 

キノコ柄

 

かわいいったらw

 

 

 

 

| ハンドメイド | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
インスパイア―ド・アナ・パンチュ

 

アドアーズ・アナのおパンチュは

 

パープルのストレッチレースだった

 

キリッパじゃなく。

 

 

 

 

最近のBlythe パンツは

 

キリッパのペラペラ・・・・

 

アナみたいなパンチュがいいなぁ

 

ってことで

 

アナパンチュにインスパイアされて

 

見よう見まねで作ってみました♪

 

 

 

↑ これがアナパンチュ

 

似たようなストレッチレースをカットして・・・

 

 

二つ折りにしてミシンで縫って・・・

 

(糸は普通のミシン糸で)

 

 

ミシン目に沿って3ミリほど残してCUT

 

縫い代をわってまた上を縫って・・

 

できあがり!!!!

 

2ステップ♪ かんた〜〜ん♪♪♪

 

 

 

試着! うむ。いい感じ。

 

(左手の白パンチュはアニバドフィーヌパンチュ)

 

ドフィーヌパンチュは

 

ちゃんと花柄が正面にきている! おぉ

 

細かいところに気配りがあるって

 

今気づいたw

 

 

ちなみに

 

ベージュ色でも作ってみたけど

 

幅が30ミリ弱あって

 

柄が大きすぎて腹巻みたいな。。(゚Д゚;)

 

でもキリッパパンチュよりマシだ!

 

お腹も冷えないし^^;

 

 

 

左手はアナパンツ

 

アナのはボクサータイプよね。

 

って今気づいたw

 

 

すごく簡単にできちゃうので

 

ストレスフリー☆

 

 

以下作り方

 

なんちゃって製作なので

 

自己責任でお願いします。

 

っていうほど需要ないかな(笑)

 

 

ストレッチレース幅は25ミリが最適かと。

 

長さ:約135〜140ミリ

 

レースを二つ折りにして

 

輪じゃない方から

 

約25ミリのトコロに印して

 

レースの下側4ミリくらいの幅になるまで

 

反比例曲線のようにミシンがけ☆

 

縫い代をわって

 

また上(クロッチ部分)を縫って

 

できあがり。

 

 

(*´▽`*)

 

我が家の子たち全て

 

レースパンチュにしたい☆

 

 

 

 

 

| ハンドメイド | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
スタイ♪

 

 

愛犬の介護をしつつ

 

すきま時間に

 

スタイ作りました♪

 

 

 

初めて作ったけど

 

Doll のお洋服に比べたら

 

作業が細かくないので

 

楽ちん〜

 

(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

ダブルガーゼって

 

柄もたくさんあるのね。

 

可愛いのがいっぱいで

 

布選びも楽しくて迷いましたん^^

 

蔦の柄は

 

家にあったガーゼ。

 

Blythe のサンドレス作った布。

 

意外にカワイイ♪

 

 

表地ダブルガーゼ

 

裏地パイル

 

片面接着のキルト芯を中に挟んで

 

ふんわりやわらかな仕上がり☆

 

 

 

女のコなら

 

さらにカワイイ柄が

 

いっぱいだったけどネ^^;

 

 

ん?

 

愛犬用ぢゃありませんよ

 

 

 

親戚の赤ちゃん用☆

 

喜んでくれるかな♪

 

 

 

 

 

| ハンドメイド | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
反物から作る着物キット

 

passaサンの手作りキット

今回のは反物から作るお着物キット!

和紙に巻かれた反物がリアルです☆

 

半襟と帯〆は、それぞれ何種類かセットされているので

好みに合わせてチョイスできる贅沢なキットです^^

 

今年は我が家の愛犬ハリーの介護があるので

家にてゆっくりしつつ

元旦早々楽しくキットを作りました♪

 

今回選んだ着物の色は

”赤”と”抹茶” 

帯は”黒”と”からし” 

そしてサイズは、ベチです。

パジャマキットもそうだったけど

ベチの和服姿もツボだったので。

 

ドールの着物を作るのは2度目。

以前、和服が得意な友人が

ワークショップをしてくれて

あっという間に

着物と羽織を作っちゃったことがありましたが、

今回は

Passaサンの工夫に満ちたキットを作るのが

とっても楽しみでしたよ☆。

Passaキットフリークとしては

やらずにいられないw

 

前置きが長いです^^;

 

今回も時々Pic撮りながら作成。

細かい作り方はPassaサンの動画にお任せして。。

沙羅なりに気づいたことなど覚え書きにしておこうと思います。

 

蜘蛛の巣テープが入ってるビニール袋。

端が少しカットしてあって

テープが取り出しやすくなってるの。

こういう細やかな心配りがPassaサンキットの優れたとこなの。

いつもいつも頭が下がります<m(__)m>

 

 

手順としては

まずは半襟作りから。

今回も2着同時進行で。

緑色の細長いモノは、針金入りのテープ。

半襟に仕込むことで綺麗な曲線が実現するのですねw

 

作り途中だけど、しならせてみた★

うん。綺麗な曲線〜(*´▽`*)

 

白いテープ部分はミシンで縫って補強。

あ。今回もできるだけミシン使っていこうと思います〜

 

続いて着物の反物をくるくる〜っとほどいて

中を確認。

おお!すでに綺麗に印がついております。

(画像は赤は観にくいですね)

 

動画を観ながらの作業ですが

今回は、パッドを使って動画みていたんだけど

Passaサンの解説に、字幕みたいに出る機能?がついていて

それが全く役に立たない(爆)

どんな変換?!?!ってくらいおかしな変換ばかりで

Passaサンに全然関係ないことなんですけど

独りで字幕に突っ込みを入れまくっておりました(笑)

 

印のひとつひとつが本当にキレイで

まるで印刷されてるみたいです。感動。

ひとつひとつ手書きで

狂いなく印をつけるPassaサンにここでも脱帽でゴザイマス。

 

動画の手順としては

先に布地カットですが

アタシは、先にピケをつけてからカットしました。

ピケ→アイロン→カット

いつもこの手順で作業するので。。

 

 

そして縫い縫い作業〜(*´▽`*)

着物なので、直線が多くて、

ミシンだとジャジャっとあっという間です。

印から印へと丁寧に判りやすいし安心して作業できました。

 

首回りは曲線☆

本体と襟を縫い終えたところ。

細かく切り込みを入れて

このあと襟部分を丁寧に包むように折って縫いとめ。

この作業はミシンでは無理なので手縫いです☆

 

こちらは 袖部分。

印の上をミシンで縫い、折り返す前に

曲線を出すためにアイロンで織り癖をつけるのですが

アタシは、端2ミリくらいのところに、粗目のミシンをかけ

糸を絞って”いせ込み”ました。アイロンでしっかり癖づけ。

ミシンの場合、この作業をすると

表に返した時、綺麗〜に曲線が出ます☆

 

作業の工程は、細かくありましたが

身頃を縫い合わせ、裏地も縫い合わせ

アイロンを丁寧にかけて表に返したところ。

綺麗〜(自画自賛)

 

確か、

この裾の部分は、表から裏地が見えないように

織り癖を付けるのがホントだと思うのですが

アタシは裏地がちらりと見えるのが好きなので

敢えて裏地を大目に織り込んで癖づけしました。

 

袖の裏地も完成☆

こちらは蜘蛛の巣テープを多用して

アイデア満載で作られております。

 

袖部分も無事に装着し、着物完成〜☆

ああ。形になってきた。嬉しい。

 

続いて帯を作りまーす。

 

ここで、やっぱりやらかした沙羅。。(゚Д゚;)

先にピケをするアタシは

線があるところに、考えもなく

しゃ〜〜〜〜っとピケ塗ってしまいました。

実は折り線だったのに (゚Д゚;)

時すでに遅し。。

黒地なので、ピケの糊あとが白っぽくでちゃってるのです。

でも!

そこはポジティブに。

家使いなので、気にしませーん!(=゚ω゚)ノ

 

 

はい! 完成!!

ね?やはり 黒帯なのでリボンの中心布の両端

白っぽいですね(゚Д゚;) 

 

いきなり完成図ですが

実はPICを撮っていられないほど

作業が難航した部分がありまして。。

 

帯を止めるのは

アイロン接着のベルクロテープなのですが

接着がどうもうまくいきませんでした。

あれれ?って感じで全くつかなかったのです。。

仕方ないので、ゆっくりミシンをかけて

事なきを得ましたw

2着目のからし色の帯は、ちゃんとつきました。

どうも、アイロンで押さえるときの

プレスの力が弱かったみたいです。

ウチのアイロンは鉄製でそれだけでも重いので

タカをくくっておりました。。(゚Д゚;)

すごく勉強になりました。キリリ

 

トータル2日間かけて無事2着完成。

ほぼミシン使用。

ミシンが使えなかった部分は

襟の始末と帯の始末くらいかな。

ミシンを使うのが面倒でない方にとっては

ミシンでの作成はとても楽ちんで

時短だと思います。

Passaサンは手縫いでとても美しく丁寧に

仕上げておられますが、

手縫いが苦手・・って方も

ミシンだとちょっと自信がもてるかもw

 

いずれにしても

作りやすい和服のキットです☆

 

そして

今回思ったのは

”アイロン”多用!

アイロンがなければはじまらない!

ってことでした。

 

ひとつひとつの工程の後に

必ずアイロンをかけて形を整えながら

作っていく。

この手間暇がピシッと形いよい着物になる

コツだなぁと思いました。

 

 

 

 

実は、次回の桃子先生の教室では

桃子先生初の”着物”講座なんです。

Passaサンキットで学んだコツを

次回に活かしたいと思います!

 

 

そしてもう一つ。

完成後の着付け方法も

Passaサンの動画で丁寧に見ることができますが

”着付け”は慣れとセンスが必要ですね((゚Д゚;)

アタシは、、半襟部分がどうしても

幅広く出てしまって。。。

さらに

我が家のベチは古いタイプの子なので

両手が横に拡がらず

袖を通すときは両手を後ろに挙げてから

同時進行で行わないと難しく。。

実は最初に着つけたとき

なんと、肩が外れてしまいました( ゚Д゚)

やらかしました。。(゚Д゚;)

ベチはゴム引きなので、

無事に元に戻すことはできましたが

一瞬青ざめましたw

以前、ヴィンベチの首のジョイントを

折ってしまったことがあったので。(゚Д゚;)

なので

着付けしたPICがあまりうまくなくて

ホント、スミマセン<m(__)m>

もっと精進しますー。

 

Passaサン!

今回も、楽しい手作りの時間を

ありがとうございました☆

 

 

 

 

かわいい〜(*´▽`*)

 

自画自賛ですが

 

やはり双子は最強ですね☆

 

 

次回は

 

もう少し着物PIC UPします☆

 

 

 

 

| ハンドメイド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ユーフォ―・ア・ゴーゴー スマホ撮り

Selma  セルマ

(ユーフォ―・ア・ゴーゴー 2016)

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆ 

 

昨日到着 

 

髪が・・・( ゚Д゚)

 

もさもさ&べたべた・・・

 

すぐシャンプー&リンス

 

前髪とサイドを少し切りそろえて

 

ヘアエステ完了♪

 

 

もうずーっと以前から

 

髪のトラブルは

 

"仕様”ですかね。

 

もう驚かなくなってる。

 

けど残念 (´;ω;`)

 

 

 

 

 

 

命名は ”Selma "

 

 

UFO=未確認飛行物体

 

なので

 

未確認生物でいろいろ検索してたら

 

出てきた名前

 

”selma"

 

 

ノルウェーのセヨール湖に棲息するという

 

大蛇 らしい^^;

 

 

でも Selma って女性の名前もあるから

 

まっ。いっか〜w

 

 

よろしくね。Selma

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホ撮りなので

 

大きな画像にすると荒くなります

 

<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

 

| ハンドメイド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウールリボンコート

 

月1桃子先生の お洋服教室☆

 

今月は

 

”ウールのリボンコート”

 

4枚ハギのシンプルな形だけど

 

柔らかなウール生地と

 

光沢のある黒リボン

 

襟元のフェイクファーで

 

上品な1枚♪

 

 

そして総裏地なので

 

手間暇かかってます

 

愛情たっぷり☆

 

(*^-^*)

 

 

桃子先生の教室では

 

もう何枚もコートを習ったので

 

難しいところはさほどなく・・・

 

でも

 

早目に仕上がったのは

 

アタシを含め3人だけでした。

 

いつもより寂しいのに

 

3人のPic 撮り忘れたという。。(゚Д゚;)

 

 

 

月1回

 

集中して取り組める

 

楽しい時間でした^^

 

 

 

| ハンドメイド | 19:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
手縫いでパジャマキット

 

 

Passaサンの手作りキット!!!!

今回の新作のひとつは

”手縫いのパジャマキット” です♪

 

懇切丁寧に、布地にすでに型紙が写されてます。

切ってすぐに始められるなんて!

あぁ。いつもながら

passaサンのキットは、本当に本当に

至れり尽くせりなスバラシイキットなのであります。

 

パジャマのサイズは

Blythe ミディ ベッツィーの3種類。

私は、一目みたときから

ベチのパジャマ姿にきゅーんとなっておりまして

迷わずベチサイズをチョイスしましたん。(*´▽`*)

 

今回は、まずは

じ〜〜〜〜〜っくりと

Passaサンの製作動画を拝見しまして。

手順を頭に入れてから

作り始めましたよ。

 

と、いうのも・・・

実は、アタシは手縫いではなく

ミシンを使って作ろうと思っていたので。。

右手の小指の付け根から手首に近い辺りが

とても痛くて。。

簡単には治らないレベル。

電カル打つときに酷使してるのかな。

マウス操作することも結構負担。

右手だけなので。。。

なので、指に負担のかかる手縫い作業は

かなり無理があるという感じなのです(T_T)

せっかくの”手縫い”キットなのに

ミシンでホントにすみません<m(__)m>

なので、 この記録は

手縫いする方にとっては

全くもって何の役にもたちません。。 

Passaサンの練り込まれた手順を

前後した作業とかもありますし。。

ミシン使うよ、って方には

多少は参考になるかも。。。(偉そう^^;)

と、最初に書いておきますん。

 

 

型紙を写す作業って

結構面倒なんですよね。

でも、このキットはすでに写してあって

本当に便利。 

アタシはいつもの癖で、裁断する前に

ピケをつけちゃいます。

 

で、いきなりPicは襟周りの処理。

見返し布にまで、丁寧に襟の型紙が写してあるのです。

これで狂いようがないというか

ぴったり布同士を合わせて縫えますよね。

手縫いの場合特に慎重に縫いたいし。

最初からミシン使用なら、

見返し布は四角い荒裁ちの布でいいと思うのですが^^

 

あ。。

生地が最初と違うでしょ?

実は、どうせミシンならもう1枚!と

欲が出て

手持ちの布で同時進行で作っております。

Passaサン!

勝手に布をコピーして型紙作っちゃいました(=゚ω゚)ノ

もし著作の問題でNGならお知らせくださいw

型紙廃棄しますん。

 

 

 

身頃がわからも縫い線、綺麗です♪嬉しい^^

 

 

 

見返し布を身頃襟ぐりに合わせてカットして

さらに、角をカット。

アタシは思い切って直角にカットしてます。

こうすると、折り返した時にゴロゴロしません。

 

裏側に縫い代を倒してアイロンがけ。

桃子先生に教わったコツですが

縫い目が見えるくらい裏地側に倒すことで

表から見たとき縫い目が見えず

出来上がりがすっきりします♪

 

 

見返し部分、裏側にちょっと縫い目が見えてますよね。

これで表はすっきりなのです♪

次は、袖口の処理。

Passaサンは、ピンセットで

あらかじめとても丁寧に折り返し、爪で折り癖をつけてから

アイロンをかけておられます。

本当に丁寧な作業にココロうたれますw

その理由のひとつは

身頃は1枚断ちなので

バイアスになる部分があり

ひっぱると伸びてしまうから。

なので、

アタシは、いきなりアイロンかけましたが

横に滑らせず

上からトントンと押さえるように

プレスしていきました^^

 

袖口を折り返して縫ったら

脇から裾までをミシンがけ♪

このときも、ひっぱりすぎると

布がびろ〜〜んと伸びてしまうので

注意深く袖口と裾を揃えながら

目打ち使用で縫っていきます♪

目打ちは、第二の自分の右手ですね。

 

脇部分に1か所切り込みを入れて

縫い代を割ります♪

Passaサンは、何か所か切り込み入れてましたが

アタシは脇のみで。

しっかりアイロンでプレスすれば

返した時はゴロゴロしません^^

 

わーい♪

形になってくると嬉しいね。

この後は、裾の縫い代をアイロンで折って

ミシンがけ。

→後ろ身頃を裾から印まで縫う

→襟の見返しの下あたりから、裾上の印までを

 折り返してミシン。

 

次はズボン。

”手縫い”と”ミシン”では、ズボンのウエスト処理の手順が

大きく違うところ。

Passaサンの動画では

前また上と後ろまた上を縫って

輪にしてからウエスト処理になりますが

ミシンがけの場合、ウエスト処理が後になると

とても縫いにくくなってしまうので

後ろまた上を縫ったら

次にウエスト処理を。

ウエスト部分の縫い代は10ミリ程あるようなので

2ミリほど先に折り返してミシンで縫いました。

ゴムが通るところなので

布端のほつれ防止のため^^

 

その後、アイロンでさらに折り返し

ゴムを布に挟んで、2ミリの縫い目部分を

再度縫います♪

ミシンの場合は、

先にウエストを折り返して縫ってから

後でゴムを通す方法が一般的だと思うけど

この細さのゴム通しがなかったので・・・^^;

ここはPassaサンの動画と同じ方法で作りました。

※ 画像ではウエストを端まで縫いきってますが

もっと効率がいいのは、

後ろまた上のウエスト部分を縫い代に折ってから

縫っておくと後が楽です〜。

 

その後、裾処理→股を縫う→ゴム調整→完成

夢中で作ってたので

Pic 撮り忘れました^^;

 

裾は、股下に余裕がありそうだったので

敢えて三つ折りにしてみました。

それでも長さ的には問題なく

すっきりした長ズボン丈になりましたょ。

 

ベチはボディもつるつるなので

履かせやすい〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

上着の後ろにボタンつけて、かたちになりました!

後は水通しと飾りリボン&ボタンつけ。

Passaサンの動画でもそうだったけど

やっぱり途中で着せたくなりますよねー。^^

うん。かわいい〜w

 

2着とも完成間近。

水通ししないと

新品のパジャマみたいに

パリっとしてこざっぱりして

これはこれで素敵よね。

 

襟ぐりはアクセントになるように

2重にミシンかけてます☆

 

完成〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

お揃いだと

可愛さも2倍以上だよね(自画自賛)

 

で、日記書いてて気づいたのですが

飾りリボンとボタン。。

Passaサンは、どちらか片方を選択してました。。

私は、疑いもなく2つともつけちゃってます(苦笑)

でも、そんなに違和感ないですよね?w

 

しかもPassaサンは、2色も入れてくれてるので

2着分使えます♪ 素敵すぎるw

 

パジャマキット。

その発想もやっぱりpassaサンらしくて

今回も感激です。

Doll のパジャマ作ったのは

初めてです。 

 

しかもベチ用の服って

私自身、

あまり自作してないから

なんだかとても嬉しくて

達成感満載でした。

嬉しくてかわいくて

Pic もたくさん撮りましたよ♪

 

それはまた別の記事で^^

 

今回も本当に楽しい手作りの時間を

ありがとうございました!

Passaサン Thanks a lot !

 

そして

まだまだキットづくりは

続くのでーす♪

 

 

 

 

| ハンドメイド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ねこBag

 

わんこのBag 可愛かったので

 

思い立って

 

猫イラスト地をBagに仕立ててみた♪

 

 

そのまま縫って

 

猫のクッションにした柄を

 

ワンショルダーに。

 

 

 

生地を買う時

 

なぜか

 

首の部分でCut されていたので

 

そのまま使えないし

 

沙羅的には有効利用的な感じ♪

 

 

 

スゴクシンプルなんですが

 

作ってみると

 

意外に愛着がわきますね〜

 

(*´▽`*)

 

 

 

 

| ハンドメイド | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
つけ襟 2種とわんこバッグ

 

月1桃子先生の お洋服教室

 

今月は

 

先月作ったレースワンピに合わせる

 

身頃もある”つけ襟” 二種☆

 

 

わんこのバッグ

 

 

コットンオーガンジーという生地で

 

薄くて

 

作業はなかなか大変でしたw

 

 

意外にも時間がかかってます。

 

 

その分、わんこのバッグは

 

サクサクと短時間でできる

 

ストレスフリーなBag

 

 

簡単なのになかなか可愛いのです^^

 

 

先生のデザイン

 

やっぱり好きだなぁ☆

 

 

 

 

 

| ハンドメイド | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
花柄のワンピース

Lynn  リン
(TopShop限定 シェリーバベット  2016)
☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

少しずつ作りためている

 

手作りワンピ

 

このデザイン初回は

 

薄紫のギンガムチェックで作ったけど

 

花柄&色を変えて。

 

生地が変わると

 

雰囲気もかわるねー☆

 

 

 

 

 

連日の暑さと

 

外撮りは虫刺されが嫌なので

 

室内ばかりで

 

同じような構図になっちゃいます。。。

 

せっかくお洋服作ってるのに

 

残念さんです ×。×

 

 

 

| ハンドメイド | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |