DaizyStripper Acoustic Live「エトス兎パトスの、シン世カイ」@OSAKA MUSE2日目

  • 2018.09.03 Monday
  • 00:01

 

2018.09.02(Sun)

Acoustic Live & Chaotic Live 2Days 

「エトス兎パトスの、シン世カイ」

DaizyStripper 

@OSAKA MUSE

Open:17:30 Start:18:00

 

デイジー2日目。

今日はChaotic LIVE 。

ある意味、普通のデイジーなライヴは初参戦です。

やはり今日も最後列で。

バンドのお作法もあるだろし、これまたドキドキ。。。

 

開演前の雰囲気とか、、

新参者がえらそうに語るのもアレですが。。

やはり若い層が多い。

のと、みんな優しそうな子ばかりな感じ。

アクがないというか、素直でおとなしそうな子が多い

というか。すっかりひねてるアタシとは違う

バンドによってファンのカラーってあるよね。うむ。

 

そして開演(ほぼ定刻で開演! 素晴らしい!)

 

前半は新アルバム曲の展開。

中盤から飛ばしてく流れ。

驚くほどファンが一糸乱れぬ同じ動き。( ゚д゚)ポカーン

ていうか

すみません。ここからちょっと偉そうに書きます<(_ _)>

 

夕霧クンが、新曲の振りを指導したMCがあって。

それもかなり具体的に細かな指示で。

みんな「はい!」ってすっごく素直に熱心に振りつけ覚えて。

2回ほど予行演習。

うーん。。。。 この段階でひねたアタシは、

次第に萎えていくという。。。 ...( = =) トオイメ目

 

そこで思ったのだけど

ファン層、素直な感じの子が多いのはこれか!って。ナットク

ほんと、上から目線で、これをファンの子が読んだら

ムカつくかもしれない。。。なのですみませぬ。

いち新参者のほざきなので、、多目に見てくだされ。。。

 

最初にライブの音源聴いたときに思ったのは

夕霧の上から目線のMC ”おまえら”っていうのは

アタシ的にはちょっと。。。...( = =) トオイメ目

だったんだけど、これが現実となり

萎えた。。ちーん。。。。 

でも、最後列から見ていて

一糸乱れぬ振り付けは、確かに”盛り上がっている”

ように見えるし、ファンとメンバーが一体になっている

ような感覚を覚えること。

 

なんだけどー。

 

沙羅的には

上から、”こうやれ!”って 細かく指示されるのが

どうも性に合わない。

”音楽”に触れに行ってるわけだから

そこは好きに楽しみたい ってのがアタシの姿勢。

ノリ方って、人それぞれでいいじゃない?

ダメなんですかね。。。

ぶっちゃけ、煽りと細かな指示は違う。

育ててきた曲たちに、細かな振りがついていて

左右にめいっぱい揺れたり手をつないで前後に

すごーく動いたり。

なんか @@ 目が点状態だった。

ほぇ〜。

 

A9の将クンが前に行っていたね。

ノリが悪い子がいると、

”楽しくないのかな”って不安になる。。。って。

きっとステージから見てるとそう思えちゃうかも

しれない。。

でも、ノリ方っていろいろだから。

体現できなくても、心が高揚してる人だっているし。

一糸乱れぬ同じ振り付けって、

ちょっと新興宗教、集団行動みたいで息苦しいんだ。

素直な人たちが、

どうノレば良いかわからない、、だから

メンバーから指示待ちで、同じふりつけで一体感を感じて

結果楽しい。

それもありでしょう。そーいうのが好きな人のこと

否定なんてしない。楽しいのもわかる。

でもでも、

同じことしないからって、、夕霧クン、そうじゃないと

のってないと思ってるのかな?

そーいう人もOKって受け入れてくれないと

こういうノリじゃないとライブいけない、って

それが嫌な人は、きっとライブいかない。

ファン層も広がらないかも。

あ。だから若年層が多いのか。

メンバーも、、ファンもみんな10年20年どんどん

歳を重ねてくわけで、、

変化(進化)することに勇気もたないと変われないけど

無理も出てくるから、伸び悩み。。

もったいないですねー・・・・

 

アコラで、あんなに素敵な雰囲気の演奏ができる

メンバーさんたちなのになー。。。

アンコール曲の最後まで

曲に合わせてサビ歌って。。

みんなで手をつないで両手挙げて

”ありがとう” って。

やっぱり新興宗教、集団行動がここでもはっきりと。

なんだかそこまでするとキモチワルイ。。( ノД`)シクシク…

 

夕霧クンMCで言ってたね。

どんな理由で僕らの音楽を好きになってくれたのか

それはわからないけど

ずっとついてきてください。って。

 

アタシの場合は

ビジュアル系のお祭りライブが新木場であったときに

和装のデイジーを見たのが始まりで。

あの時はアリス九號.見にいったんだっけ。

それから、次にデイジーに縁を感じたのは

去年のbaroqueのライヴに夕霧クンとなおクンが

ゲスト出演したとき。

3度目は、ラルクのKenちゃんがプロデュースした

”4 GET ME NOT "のカップリングの

ラビットファンタジーを聴いた衝撃。(壮大すぎて:爆)

で、それが今年の2月ころだっけ。

次々に曲を聴いて、

ラルクっぽい曲あり、ジャンヌっぽい曲あり、、

A9のパクリか?と思う曲あり、

耳に残る聴きやすいキャッチーが曲が多くて

歌詞がすーっと曲になじんでいて、

さらに、アコースティックな音源も出したりと

興味津々なのでした。

 

うむ。

ついていきたいけど。。壁がある。。

集団行動の。。。

とか言いながら、2回目にもしライブ言ったら

ノリノリで一緒に振り付けしちゃってるかも?^^;

まぁ。 それはデリケートな問題ですねぃ。

 

あと

すごーく心に残ったのは、

なおクンが、いい味だしてますよね。

とても楽しそうで、頭からペットボトルの水を

3本もドボドボってかけちゃて

上手でダイブして。

あ。それで思い出したけど

どの曲だったか、、煽り曲で

バーーーっと、会場の子たちが

前方を押し寄せて(モッシュっぽく)

そしてすーーーーっと元位置へ戻るという

早業! (笑)

前は押し寄せると、かなり後方がすきすきなんだね。

ってことは、あまりギューギュー詰めになってなくて

余裕ある空間で。

何度も何度もあおるたびに、みんな楽しそうに

メンバーさんとハイタッチとか、手ポンポンしてもらって。

すごく身近な存在なんだなーって思った。

そんなことHYDEサンLIVEでやったら

戻らないって。誰も(爆) マジヤバイことになりそう。

でも、ひとり前列のほうの女の子、酸欠か?何かで

倒れちゃったけど。。(幸い、担ぎ出され無事だったみたい)

HYDEサン、VAMPS LIVEでも、始めた9年前は

よく酸欠で倒れちゃう子いたなぁ。と懐かしく思い出した。

最近のVAMPS やHYDEサンLIVEでは、めったに目にしないね。

ライブ慣れしてきたのかな。みんな。。

でも、激熱で、2柵目あたりまでは、誰のものともわからない

汗でビタビタになりながらのLIVEは、ほんと楽しい。

そいえば、MUSEでは、柵ないんだね。@@ 今頃気づいた。

 

話それましたが、、

もしまた次のデイジーに行くことがあれば

今の心境に変化があるのかないのか。。。

自分的にこうご期待の巻。

そんな大阪 2日目の夜なのでした。

 

 

以下セトリ、、はまたどこかで拾ってきます。

(覚え書き)

 

 

 

 

 

DaizyStripper Acoustic Live「エトス兎パトスの、シン世カイ」@OSAKA MUSE1日目

  • 2018.09.02 Sunday
  • 14:23

2018.09.01(Sat)

Acoustic Live & Chaotic Live 2Days 

「エトス兎パトスの、シン世カイ」

DaizyStripper 

@OSAKA MUSE

Open:17:30 Start:18:00

 

とうとう DaizyStripper のLIVEに初参戦。

今年の初めころ、唐突に気になりだして

何枚もCD聴いて。

もちろん新作アルバムも買って

あらかたの曲は聴いたし。

参戦万全☆

 

で、地元での2Daysは、あいにく仕事で

高松へ行っているのですれ違い。。

遭えなく、遠征することに。。

大阪、近いですけど、

なんだろう、この人出は。

なんば、心斎橋あたり、東洋系の観光客が

大きなスーツケースや買い物袋下げて

大混雑。

年々、増えてる気が。

お店も、海外からのお客さんのほうが

爆買いして儲かるのか、日本人客より

免税用のレジを多くしてサービス満点だしね。

なんだかなー。

ちょっとドラッグストアでお菓子買おうと思っても

爆買いしてる韓国人や中国人がいっぱいで

もう何がなんだか。。並んで買うのに時間かかるかかる。。

ランチ食べるにも、、ちょっと話題お店は観光客が

列をなして何十分も外で待つ。。

日本にいながらにして、日本人住みにくくなってるね。

経済効果はすごいだろけど。。なんだかなー。

 

 

と、話それましたが、

今日も、ネカフェから記事書いてます。

 

以下、覚え書き。

 

初デイジーで、初大阪MUSE. 

心斎橋で宿泊なので、通うには問題ないし

お買い物もお散歩もいろいろ便利。

MUSEはわりに古いライヴハウスなんだね。

ドリンク受けとるところと

会場が別エリアになっていて、ちょっとそこが

ごちゃごちゃしちゃう感じですかね。

でも、

1日目は、アコースティックライヴなので

自由席ながら席ありのライヴ。

私はBチケだったので、チケ番遅いけど

入ったときには、まだ後方2列くらいは余裕。

最後列の真ん中通路側にて参戦。

椅子は20列もないくらい?

ステージめっちゃ近!

これならゆっくり座って聞いても

メンバーさんの表情も見られるし

余裕ですね。

当日券の人もちらほらいて、

待つ間もとても静かで穏やかな空気。

お客さん、若いねwwww

baroqueやA9とは一味違う若い層だゎ^^;

男性もちらほら。カップルの人たちも☆

 

開始時間にほぼぴったりに開演。(ココ重要)

わー。ようつべで何度か見たビジュアルのメンバーさん。

生で見るのって、いつもどんなバンドでも

ドキドキするなー。笑

 

結果 すごく善きLIVEでした。

はるばる遠征してよかった^^

さすがに11年も活動してるバンドだもんね。

上手いね。

1曲目から、涙腺がじわーってゆるんでしまった。

軸になってるのは、風弥クンなんだね。

編曲は彼が担当みたいで、

Dr.なのに、キーボードもなかなかお上手。

さらには、G.まで弾いちゃうという

オールラウンダーですね。

ジャズ風な編曲あり、

妙にピアノに偏らず、ギター3本で

厚いストリングスな編曲あり

オサレで、都会的なステージでした。

夕霧クンの歌もよいね。

でもね、欲をいうなら

も少しういすぱーボイスで歌ってくれたら

もっとすーーーっと沁みるのになーって思った。

声を張らなくても、心には沁みてくるものなんですゎ。

特にアコラの時は。

 

それでも

なんだかなー

場所が場所だったので、

なんか沙羅的にはずっと夕霧クンと目があってばかりで。

(照) はい! 自己満炸裂ですがw

 

よくステージから会場みてるなーって思った。

 

何度も言うけど

初デイジーが、アコラでよかった(むしろ良すぎた^^;)

蛇足だけど、

こういうアコラは、A9では5人では無理ですね^^;

残念だけど。。。まずメンバーにアコラのアレンジャーがいない^^;

12月のオケとのコラボは楽しみだけど

5人で演れるっていうのは、デイジーの強みなんだなって思う。

こういうオトナなLIVE ができるって凄いことなんだと思う。

夕霧クンは、賛否両論っていっていたけど。

(って、、これは2日目のカオスなライヴを見て

 改めて感じたことなんだけど)

また2日目については、追って覚え書きしようとおもう。

 

以下セトリ(覚え書き)拾ってきたヤツ

アコラで曲少なめ。MC多めでした。

 

01.Adam

02.STARGAZER

mc

03.BLACK DROPPer

04.MISSING

05.4 GET ME NOT

06.Knock shadow

mc

07.罪な罰

08.last note

09.色彩ヴィヴィッド

10.名もなき道

mc

11.MY WAY

 

-en-

12.トレゾア

13.Bremen

 

 

 

 

 

archives

recent comment

recent trackback

profile

My Space

TODAY'S MOON

CURRENT MOON

カウンター

SARA

閲覧者

閲覧者 ? 人

search this site.