<< お花のヘッドドレスキット | main | 献呈 >>

R.I.P

 

 

-虹の橋-

 

天国へと続く道の途中に、虹の橋があります
貴方の愛した友は、いのちを終えるとそこへ行くのです
そこは、見渡す限り美しい緑の丘が続いています
水も食べ物も沢山あって、暖かい光につつまれた、とても気持ちの良い場所です
貴方の愛した友は、仲間と集まって、一緒に遊んだり、走ったり…
とても楽しく暮らしています

病気だったり、年老いていた友も、かつての若さを取り戻し、
身体が不自由だった友も、元気な姿で遊びまわります
過ぎ去りし日の思い出の中の姿、そのままに…

だけど、友にはたった一つ、心残りがあります
それは、大切な貴方を残して来てしまったこと…

彼らは、毎日走り回り、遊んでいます
でもある日、友は突然遊ぶのを止めます
キラキラ輝く目で遠くを見つめ、嬉しさで体をうち震わせます
そして、群から飛び出し、緑の丘を走り出すのです
早く、早く、一生懸命走るのです

ついに、貴方と最愛の友は再会できたのです
強く抱きしめ合い、もう二度と引き裂かれることはありません
友は貴方にキスの雨を降らせ、貴方のその手は友の愛しい体を撫でるでしょう
そして貴方は、長い間一時も忘れることのなかった、
その信頼に満ちた友の目を、もう一度見つめるのです

貴方と友は、ともに虹の橋を渡って、天国へ行くのです

<作者不詳>

 

 

☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*☆

 

14歳9か月  愛犬 ハリー

3月5日 午後0時35分 

虹の橋へ旅立ちました。

 

 

子犬のころから

丈夫で病気もしたことがなかった子でした。

14歳を過ぎ

去年の9月頃から

皮膚病に罹患して、それと同時期

みるみる体力が落ちてきて

後ろ足が不安定になって約4か月

なんとか年越しをして一番寒いころへ。

立位が完全にできなくなって22日

固形物を拒否して水だけで23日目

3回の吐血をして9日

病になってから医者から止められた

大好きなミルクを2日前に飲ませたら

おいしそうに30ccほど飲んでくれた。

でも、その後3度の嘔吐。

もうその時は胃も悲鳴あげていたのだろう。

それから水分すら、拒むように。

無理無理に飲ませて1日。。

今朝、大好きなミルクすら

もう飲まなかった。

いよいよその時が訪れる。

朝、体位交換とパッド交換して

頭を撫でて「行ってくるね」と

声をかけたときは

瞳の輝きが前日とは明らかに違っていて。

仕事に出ていたワタシは、

死の際にはいてあげられなかったけど

母や弟に看取られて

静かに逝きました。

先に天国にいる父に

ちゃんと再開できますように。

 

去年の12月からつけ始めた

介護ノートを見返すと

がんばってたハリーのこと

もっと私たちが出来ることはなかったのか

彼は幸せだったのか

いろんなことが思い巡って

涙がとまらないのです。

手製のおむつカバーをたくさん作り

人用のパッドを2枚重ねで使用して

立てるうちは、抱えて庭へ出すと

立位でしっかりおしっこしてくれた。

いよいよ立位が難しくなったころ

パッドでするようになってからは

パッドがぬれると、ワンワンと鳴いて

教えてくれる、綺麗好きな子でした。

排便も、ドッグフードを食べてくれるうちに

コロコロしたいい便を規則正しく出して。

水だけになった頃には水様便が

3日に1度ほど出たけど

お湯で綺麗にしてあげると

安心して眠る子でした。

褥瘡ができないように

6時間ごとに体位交換して

安楽に過ごせるように

ここ3カ月は

本当にハリーだけのために

家族が動き、尽くした

濃密な時間でした。

 

逝く前日

ぽかぽかした良いお天気の中

彼が使っていた

敷布団や毛布、タオルなど

洗ったり天日干しして

おひさまの匂いになった布団で

過ごさせてやれたことが

最期にアタシたちがしてあげられたこと。

 

もう不自由な体から抜け出して

今は自由にあちこち走り回っているのかな。

まだ傍にいてくれるんだろうか。。

 

逝く間際

2度ほど嘔吐したあと

詰まるように大きく息を3回したのだそう。

きっとそれが

器から魂が離れてゆく瞬間だったんだと思う。

 

魂が器から離れるとき

少しだけ苦しいと

聴いたことがある。

身体から魂が引きはがされるような

そんな感覚なんだろうか。

 

楽しい思い出

介護しているときのあれこれ

思い出せば

ハリーと過ごした時間は

ワタシたちにとって

本当に宝物でした。

 

ありがとうね。ハリー。

そして

安らかに。

 

また次のステージで

きっと再会できるね。

それまで

しばしのお別れ。

 

Rest In Peace.

 

 

 

スポンサーサイト

| - | 23:25 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://nijiyume.jugem.jp/trackback/4980

Trackback